※令和3年度の募集は〆切ました。
 令和3(2021)年5月6日から令和3年11月2日までの間、尾瀬地区ビジターセンターにおける窓口案内や、周辺エリアでの自然解説などの業務に従事する職員を募集します。
 以下の「募集要項」(PDFファイル)を確認のうえ、事務局宛に応募書類を郵送してください。
 応募締切は令和3年2月22日(月)です。
 自然環境、登山等に関心のある方の応募をお待ちしております。

★令和3(2021)年度尾瀬保護財団臨時職員(管理員)募集要項★

ビジターセンター管理員

 尾瀬には、尾瀬沼ビジターセンター(環境省)、尾瀬山の鼻ビジターセンター(群馬県)の2つのビジターセンターがあり、長年当財団が管理運営を受託しております。
 5月上旬~11月上旬(雇用期間)において、ビジターセンターに住み込みながら、主に尾瀬の自然保護活動、登山者のご案内、イベントの実施、最新情報の発信などの業務を行います。


<尾瀬ビジターセンター経験者からのコメント>

生活面では、「住み込み」にドキッとしましたが、掃除、洗濯、食事当番、ちゃんと慣れることができました。食事当番では、食材は大切にしつつ、自分の好きなものを自由に作らせてもらいました。仕事面では、登山者を始め、山小屋、ガイド、色々な方とのコミュニケーションが大事な仕事だと感じました。(29才)

会社を早期退職した時に尾瀬ビジターセンターの募集が目にとまりました。これまで普通に会社員として働いてきて、尾瀬に関する知識・経験ゼロでも大丈夫なのかと不安がありましたが、皆さんが優しく対応してくれたこともあり半年間だけど働いてみようと決めました。尾瀬はコンビニもない不便な環境ですが、その代わりに素晴らしい風景を毎日眺められる特権があります。一度は尾瀬で働いてみることをオススメします。(59才)

<例年のスケジュール>

1月上旬  募集開始 ※随時、書類選考
2月中旬  応募〆切
2月下旬  面接選考(原則、群馬県庁内にある当財団事務局)
3月中   内定(ビジターセンター管理運営の受託を条件として)
4月中旬  採用通知発出(ビジターセンター管理運営の受託決定後)
5月上旬  当財団事務局にて2日間の上山研修
5月上旬  尾瀬に上山
11月上旬 尾瀬から下山し、当財団事務局にて解散