尾瀬ヶ原の西側に尾瀬山の鼻ビジターセンター、尾瀬沼の東岸に尾瀬沼ビジターセンターがあります。

尾瀬沼ビジターセンター

尾瀬沼や燧ヶ岳周辺の自然保護活動、情報発信の拠点
尾瀬沼東岸の会津沼田街道沿いに位置する尾瀬沼ビジターセンター。カウンターには職員が常駐し、尾瀬の自然についての情報提供を行っています。職員が収集した自然情報が館内に掲示されておりますので、尾瀬沼周辺の散策前に、是非お立ち寄りください。 ※ 尾瀬沼ビジターセンターは昭和59年に環境省によって設置されました。(公財)尾瀬保護財団が管理運営し、情報発信、巡回、インタープリテーション、植生復元などの尾瀬の自然を守るための活動を行っております。
  • 開館時期 : 5月中旬 ~ 10月下旬 (開館期間中は休館日なし)
  • 開館時間 : 7:30 ~ 16:00
※ 閉館時期は気象条件等により予告無く早まる事があります。  

尾瀬山の鼻ビジターセンター

尾瀬ヶ原や至仏山周辺の自然保護活動、情報発信の拠点
尾瀬ヶ原の西端”山ノ鼻”に位置し、自然保護活動や情報発信をおこなっています。館内には職員が常駐し、尾瀬の概要のほか、日々のフィールド巡回で収集した季節ごとの見どころや登山道の状況等も紹介しています。スライドショーや自然観察会等を実施する日もあります。尾瀬ヶ原を訪れた際には是非お立ち寄りください。 ※ 尾瀬山の鼻ビジターセンターは平成5年に群馬県によって設置されました。(公財)尾瀬保護財団が管理運営し、情報発信、巡回、インタープリテーションなどの尾瀬の自然を守るための活動をおこなっております。
  • 開館時期 : 5月中旬 ~ 10月下旬 (開館期間中は休館日なし)
  • 開館時間 : 7:00 ~ 18:00
  • 窓口案内 : 7:30 ~ 16:00
※ 閉館時期は気象条件等により予告無く早まる事があります。  

ビジターセンターの主な業務

ビジターセンターでは、尾瀬を訪れた皆様に自然との触れあいを通じて豊かな自然の大切さを認識していただき、尾瀬にふさわしい利用をしていただくとともに、安全に尾瀬を楽しんでいただく為、次のような仕事をしています。(尾瀬山の鼻ビジターセンターと尾瀬沼ビジターセンターで業務内容が若干異なります)
窓口対応 ビジターセンター職員が窓口で、尾瀬を訪れた皆様からのさまざまな質問にお答えします。
自然観察会 職員が尾瀬を訪れた方と一緒にビジターセンターの周辺を歩きながら尾瀬の自然等の解説を行います。
スライドショー 主に山小屋に宿泊者された方を対象に、週末などの夕方、ビジターセンターのレクチャールームを使って職員が撮影した写真などを使って尾瀬の自然、歴史、環境保全などを解説します。
団体レクチャー 事前に申込をいただいた学校や団体の方を対象に一般の方とは別に自然観察会やスライドショーを行います。
自然情報の発信 尾瀬を訪れる皆様への情報提供や木道・登山道の状況確認の為、毎週、職員が尾瀬内を巡回し、情報を収集し、インターネットや紙の資料として情報発信を行います。
公衆トイレ維持管理 毎日のトイレ清掃などを行っています。
植生復元 裸地化した湿原の復元等を目的として、環境省や県の委託事業として植生復元作業のお手伝いをしています。
ビデオ・スライドの上映 一定の時間おきにビジターセンターのレクチャールームでビデオ等を上映しています。
展示 ビジターセンターの館内に尾瀬の動植物や地理、気象情報、自然情報などを掲示しています。また、特別なテーマを取り上げて企画展示を行うこともあります。

13 thoughts on “2つのビジターセンター

  1. 広島県でオオハンゴンソウ駆除ボランティア活動をしている井上と申します。ニュースでそちらでもオオハンゴンソウ駆除をされていることを知り、コメントさせていただきます。
    作業内容はブログ[草に遊ぶゆきあい苑オオハンゴンソウ駆除]欄に書いておりますが、草刈り機の先端工具を改作してオオハンゴンソウの根塊を粉砕して駆除するものです。
    薬剤は使わない 多人数作業に備えてチップソーは使わないを条件として作業を繰り返し、このような方法になりました。
    少人数でも可能な駆除法をご検討いただければと思い連絡させていただきました。

  2. 7/1~2にかけて窓口対応でお世話になりました。
    七入から入ってテント3泊予定と言っていた者です。
    雨続きなので、登って来た道を下山しましたが、
    道行沢の三番、四番の橋にて、橋の上を濁流が通過する危険な状況でした。
    今時、沼田街道を通る人は少ないのでしょうが、
    自粛情報を出した方が良いと思いました。

  3. 尾瀬に2泊3日初めて行こうと考えています。日程は8/13〜8/15です。男性4名女性2名で実施。1日あたり7時間×3日間歩き、3日間のうち1,2つ山を登るという課題があります。食品や調理を含めたキャンプ術も課題である。食材調達や調理する場も探しています。

    コースと宿泊地をどのようにすれば良いか迷っているため、アドバイスよろしくお願いします。また、山登りやハイキング時、荷物を預ける場はありますか?

    よろしくお願いします。

    1. 此方こそありがとうごさいます ほそばひなゆきまちそうがそろいます

  4. テンマ沢近くの水芭蕉群生地で、水芭蕉などが刈り払われて見るに耐えない有様でした。熊対策かと思いますが、毎年行っているのですか?

    1. 佐田様

      このたびはご連絡ありがとうございました。
      ここ数年、テンマ沢では、入山者の多い昼間にミズバショウの実や葉を採食するクマの出没が頻発しており、木道脇まで植物が繁茂していると、クマと人とが至近距離に近づくまでお互いに気づかず、不意な遭遇による人身事故の発生が危惧されています。
      このため、入山者の安全確保の観点から、平成28年シーズンより、山ノ鼻地区ツキノワグマ対策連絡会議(環境省、群馬県、片品村、土地所有者、尾瀬保護財団等)により当地における刈り払いを実施しております。
      ご指摘のとおり、テンマ沢はミズバショウの群生地でありますが、ミズバショウの実はクマの好物である(誘因物となる)ことから、ミズバショウが実を付ける前に、来シーズン以降の開花に影響しないよう配慮(株を残す)しながら刈り払いを行っております。
      当連絡会議といたしましても、入山者の皆様に安全な尾瀬を楽しんでいただきたいと考えておりますので、皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げます。

      山ノ鼻地区ツキノワグマ対策連絡会議事務局
      公益財団法人尾瀬保護財団
      事務局長 坂田 達也

  5. 初めて尾瀬に鳩待峠から日帰りで
    トレッキングに行こうと思っているのですが
    予定日がが11月1日のもので天候によって違いはあると思うのですが
    木道の凍結など冬支度が必要あるか心配しています
    ちなみに登山の経験はそこそこあります
    どんなものでしょうか?

    1. 星野悟 様

      11月1日頃でしたら、天気が良ければ、
      朝は基本凍結しております。場合によっては、
      うっすら雪がある場合もあります。

      装備等しっかりされて、
      足下に気を付けてお越し下さい。

      尾瀬保護財団

  6. 9月15~16日 尾瀬沼ヒュッテに宿泊した高橋と申します。夜のスライドショー で色々な歴史から観光、植物 とっても楽しめました。環境省の方々が 5月から11月まで あの尾瀬にずっといらっしゃる のも驚きました。観光で行くのは楽しいですけれど 厳しい生活環境の中で 好きでなければ できないお仕事と頭が下がりました。翌日もちろんビジターセンターに寄って 野鳥の声を聴いたり 毛皮をさわったり、楽しんできました。9:30からのツァーにも参加させていただき、熊より鹿の被害に困っていること、ダムができなかった水利権の事、昔尾瀬沼に観光船が あったこと ビックリしたり 納得したり 御一緒させていただいた 「今回で61回目の尾瀬」と言う方にも色々教えていただき 雨の尾瀬を満喫できました。三平平へ行ったりもしました。帰り道 沼山峠を越えて 山の駅 沼山峠に着く少し手前の階段の脇で小さな やまね の赤ちゃんを見つけました。ホントにビックリ そして とってもラッキーでした。今度は晴れた尾瀬沼にまた寄せていただきたいです。スライドショーてわ見た 星空、天の川見たいです。
    お世話になりました。これから寒くなって行きますので どうぞ皆様御自愛なさってください。写真がうまく 遅れなくて

    1. 高橋由美子 様

      丁寧なご連絡誠にありがとうございます。
      尾瀬という自然を守り支えるために、多くの努力があること、
      あったことを知っていただけると嬉しく思います。

      9月末~10月は、非常に寒い代わりに、
      空気が澄んでおりますので、星空鑑賞には最適です。
      またのおいでをお待ちしております。

      尾瀬保護財団

  7. ビジターセンター、スタッフ様

    私事なのですが掲載頂ければ幸いです。

    10月13日(土)に御池口から燧ヶ岳に登山したのですが、その登り途中でピンク色の帽子を落としてしまいました。
    御池登山道のぬかるみがひどく、安全面から下山は尾瀬沼側に降りることとしたために下山路で探すことができませんでした。
     帽子を失くしてしまったことと、それが山にゴミとして残ってしまうだろうことで、登頂できた喜びの影でどこか気持ちが沈んでおりました。

     翌日は裏燧林道を歩く予定としておりましたが、少しだけ燧ヶ岳登山道を登って探してみようか、と御池口に出向きました。
    登山口に立ち、改めて登山道の地図を眺めていると、なんと、私が落としたピンク色の帽子が登山口の柱に掛けられているではありませんか!
    どなたかが下山時に拾って、登山口まで運んで頂いたに違いありませんが、普通なら、登山道の横に寄せておくといった程度で、登山口まで持ち帰るようなことはなかなかしないのではないかと思います。
     下山途中で疲労しているところ、見ず知らずの他人の帽子を拾って登山口まで持ち帰って頂いたことに感激し、涙が出るほどうれしく、幸せな気持ちになりました。
    拾って頂いた方がどこのどなたかも分かりませんので、お礼のしようもございませんが、何とか感謝の気持ちを伝えたいと思い、ビジターセンター様のホームページに投稿させて頂きました。

    帽子を拾って登山口まで持ち帰って頂いた方、本当にありがとうございました。
    あなたを見習ってこれからも良い登山を続けていきたいと思います。

  8. 山ノ鼻はヤマノハナの読み方でいいのですか?ヤマノハと言っている方がおられましたので、確認です。どうぞよろしくお願いします。

    1. ご連絡が遅くなり申し訳ありません。山ノ鼻は、「ヤマノハナ」と呼びます。よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です