尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

尾瀬の見どころ

尾瀬の見所をさまざまな視点から見てみましょう。

尾瀬にはさまざまなお花が咲き、いろいろな生き物がくらしています。以下よりご参照ください。

尾瀬のシーズン

尾瀬の一般的なシーズンは5月中旬から10月末頃。多くの方が尾瀬を訪れます。

早春の尾瀬 5月上旬
(残雪を踏みしめて尾瀬に向かう)(残雪を踏みしめて尾瀬に向かう)

 下界では日増しにポカポカと暖かくなる時期ですが、5月の連休の頃、尾瀬はまだ冬の装い。
 年によってもかなり差がありますが、残雪がかなり残っていることが多く、それなりの装備が必要となります。
 木道もまだ見えていないことが多く、地図と木の幹に塗られた赤いマークや枝に吊るされたリボンを頼りに目的地に向かいます。

雪解け 5月中旬から下旬
(白砂峠から見晴へ向かう)(白砂峠から見晴へ向かう)

 5月の中旬頃になると残雪も消え始め、木道がところどころ顔を出すようになります。
 木道と木道の間などでは、表面は雪に覆われていますが、下は空洞になっていて、不用意に乗ると足がズボっと沈んでしまういわゆる「踏み抜き」がはじまり、歩きにくくなります。

赤渋(アカシボ) 5月下旬
(雪を茶色に染める赤渋)(雪を茶色に染める赤渋)

 雪解けの頃になると雪の表面が赤い土をまいたようになる「赤渋(アカシボ)」とよばれる現象が見られるようになります。
 雪が消えるまでのほんの一瞬の不思議な光景です。

ミズバショウのシーズン 5月下旬から6月上旬
(尾瀬ヶ原下ノ大堀)(尾瀬ヶ原下ノ大堀)

 残雪がようやく消える頃、尾瀬は大勢の登山者でにぎわうミズバショウのシーズンとなります。
 純白のその姿は尾瀬の短いシーズンの幕開けにふさわしい姿です。同じ頃に咲くリュウキンカの黄色い花がさらに色を添えます。

ワタスゲのシーズン 7月上旬から中旬
(尾瀬ヶ原のワタスゲ)(尾瀬ヶ原のワタスゲ)

 雪解けの頃からワタスゲの黒い花芽が湿原に見られ、6月になると黄色い小さな花が咲くようになります。
 7月になって花が終わると果穂になり、湿原は白い綿毛で埋まります。

ニッコウキスゲのシーズン 7月下旬
(ニッコウキスゲ)(ニッコウキスゲ)

 尾瀬が最も華やかなのはこのシーズンでしょうか?
 ワタスゲの白い綿毛に続き、黄色のニッコウキスゲの花で湿原が埋まります。
 訪れた人々も尾瀬の夏を楽しんでいます。

草紅葉のシーズン 9月
(尾瀬ヶ原の草紅葉)(尾瀬ヶ原の草紅葉)

 9月に入ると木々はまだ緑に覆われていますが、湿原の草の先端からオレンジ色になってきます。
 日差しに向かって湿原を見ると、湿原全体が金色に光って見え、それが風にそよぐさまに誰もがカメラを向けます。

紅葉のシーズン 10月上旬
(見晴から白砂峠へ向かう)(見晴から白砂峠へ向かう)

 9月も下旬になり草紅葉のオレンジ色が茶色に変わってくるころ、今度は山の木々が色を変えます。
 特に尾瀬周辺のブナ林の紅葉は見事です。紅葉はしだいに里へと降りて行きます。それとともに尾瀬で働いていた人々もそれぞれの故郷に帰っていきます。

晩秋 10月中旬から下旬
(不意に冬が訪れた尾瀬ヶ原)(不意に冬が訪れた尾瀬ヶ原)

 10月に入ると山々の広葉樹もすっかり葉を落とし、山小屋では下山の準備が始まります。
 しだいに尾瀬から人影が消えていきますが、静かな尾瀬をねらってこの時期に訪れる方も実はかなりいます。
 また、10月の下旬には初雪がちらつくこともあり、また、根雪にはならないものの湿原が白くなることもあります。

代表的な名所

至仏山
(尾瀬ヶ原より至仏山を望む)(尾瀬ヶ原より至仏山を望む)

 長い長い時間をかけて隆起をしてきた山で、蛇紋岩という岩からなる山で、他の山では見られない花が咲きます。
 早春の5月から6月については、植生保護の為、入山が禁止されています。
 また、尾瀬ヶ原から山頂に至る東面登山道は登り専用となっています。

研究見本園
(ミズバショウ・シーズンの研究見本園)(ミズバショウ・シーズンの研究見本園)

 山の鼻から左方向に入ると研究見本園が広がっています。
 「見本園」という名前がありますが、自然に出来た湿原です。
 比較的小さなエリアにさまざまなお花がさくので、時間のない方にお勧めです。  また、至仏山への登山道もこの一番奥にあります。

牛首分岐
(尾瀬ヶ原:正面の盛り上がりが牛首)(尾瀬ヶ原:正面の盛り上がりが牛首)

 山の鼻から尾瀬ヶ原を進むと、竜宮方面とヨッピ橋方面への分岐があります。
 この分岐の付近に牛の首のように山が湿原にせり出している場所があり、「牛首」と呼ばれています。
 比較的広いベンチがあり、多くの方が休憩を取っています。

ヨッピつり橋
(ヨッピつり橋)(ヨッピつり橋)

 「水の集まるところ」という意味からこの名があるそうです。
 山の鼻の方向からいろいろな川の水を集めて流れてきたヨッピ川がこの橋の下流で尾瀬沼から流れてきた沼尻川と合流して只見川となって新潟方向に流れて行きます。
 川の流れにそって歩くこのルートでは、一味違った尾瀬を楽しむことができます。

竜宮
(湿原の下に飲み込まれる川)(湿原の下に飲み込まれる川)

 流れてきた川が一旦、湿原の下に吸い込まれて伏流水となり、木道を隔てた反対側に湧き出しています。
 この伏流水のトンネルが竜宮に通じているのではということでこの名前があります。
 尾瀬ヶ原に日帰りで来られた方の多くがここのベンチでお弁当を食べて引き返して行きます。

アヤメ平
(湿原の向こうに山々を望む)(湿原の向こうに山々を望む)

 尾瀬ヶ原の南側の尾根の上に発達した湿原です。湿原の向こうに燧ケ岳が見えるさまはまさに「天上の楽園」といえます。
 この地に咲くキンコウカをアヤメと見間違えたことからこの名前がついたという説があります。

平滑ノ滝
(岩盤の上を流れる平滑ノ滝)(岩盤の上を流れる平滑ノ滝)

 尾瀬ヶ原の一番東の端から北に向けて新潟県と福島県の境を流れる只見川にある滝です。
 広大な岩盤の上を斜めに下る水の流れをかなり高い場所にある展望台から眺めることができます。

三条ノ滝
(三条ノ滝の勇壮な姿)(三条ノ滝の勇壮な姿)

 平滑ノ滝の少し下流にある壮大な滝で、登山道から少し下ったところにある展望台からその姿を見ることが出来ます。
 尾瀬に降った水が全てこの滝に集まるため、轟音を立てて落ちる滝は、これが尾瀬かというほど、新鮮なイメージを受けます。
 特に雪融けの時期は回りの人の話し声が聞こえないほどに大きな音で流れ落ちています。

燧ケ岳と尾瀬沼
(尾瀬沼と燧ケ岳)(尾瀬沼と燧ケ岳)

 至仏山とならび、尾瀬を代表するのひとつが燧ケ岳です。
 たびたびの噴火によりごつごつした5つの山頂を持つ連峰で、このうちの3つの山頂に立つことができ、尾瀬沼や尾瀬ヶ原を見渡すことができます。
 そしてもう一つの見所である、燧ケ岳の噴火により沼尻川がせき止められ、燧ケ岳のふもとに出来た尾瀬沼。
 沼の北岸には大小さまざまな湿原が広がっていてハイカーの目を楽しませます。

大江湿原
(大江湿原と三本カラマツ)(大江湿原と三本カラマツ)

 尾瀬沼周辺では一番大きな湿原です。
 沼山峠から尾瀬沼ビジターセンターのある東岸までのルートがここを通っています。
 尾瀬沼の畔には小さく盛り上がった土地の上に3本のカラマツがあり、「三本カラマツ」として尾瀬沼を訪れる人々から愛されています。
7月下旬のニッコウキスゲの時期には湿原が黄色に埋まります。

大清水
(大清水の流れ)(大清水の流れ)

 大清水は尾瀬沼に至る群馬県側の入山口です。山際には「大清水湿原」があり、ここでは標高が低いためにミズバショウやニッコウキスゲなどの花が尾瀬よりも早く咲き、手軽に見られます。その他、平成の水百選に認定されている「尾瀬片品湧水群」の水、ミズナラやハルニレ等の巨木等、貴重な自然の恵みを感じることができます。
 自然保護の原点ともなった、昭和40年代の車道の道路建設計画の中止運動や鉱山で栄えた根羽沢鉱山跡などの歴史について学ぶこともできる尾瀬の中でも貴重な場所です。
☆大清水の魅力を紹介した大清水ぶらりマップは、以下よりご覧ください

帝釈山
(帝釈山山頂)(帝釈山山頂)

 新たに国立公園に組み込まれた地域のひとつです。
 標高が2060mある山で、岩で出来た頂上部は燧ケ岳、会津駒ケ岳はもとより、遠く日光白根山、男体山の山々が見渡せる眺望の良い場所です。
 また、馬坂峠からの上り口にオサバグサの群落が見られることでも有名です。

田代山
(田代湿原の向こうに山々を望む)(田代湿原の向こうに山々を望む)

 それが山頂部とは思えないような広い湿原がやや東方向に傾いて発達していて、湿原のすぐ向こうには会津駒ケ岳など周囲の山々が見えます。
 湿原にいるとそれまで苦労してきて登ってきたことがうその様に思え、不思議な気分になります。

会津駒ケ岳
(駒の小屋周辺)(駒の小屋周辺)

 苦労をして森林限界をぬけると突然に山頂部の傾斜湿原が目の前に広がります。
 湿原の先にある山頂部からは燧ケ岳や至仏山までもが見えます。山頂部の湿原は、7月上旬から中旬にかけてハクサンコザクラが咲くことでも有名です。

自然の作り出す美しい風景

朝霧、夕霧
(早朝の尾瀬ヶ原)(早朝の尾瀬ヶ原)

 大量の水を含んだ尾瀬では、朝と夕方、放射冷却により地表が冷やされることから地表付近に霧が立ち込めることが多くあります。
 朝、早起きして外に出てみると、湿原全体が霧に覆われ、その上に山々が見えている幻想的な光景を見ることができます。
 その霧も太陽が昇ってくると次第に消えて行きます。
 また、夏の夕方、風にのって霧が山肌を流れるのをゆっくりと見ているとなんだか幸せな気分になります。

(尾瀬ヶ原に現れた見事な虹)(尾瀬ヶ原に現れた見事な虹)

 尾瀬は夏になると雷雨になることが多くなります。
 昼過ぎには大きな積乱雲が上空に立ち上がり、遠くから雷鳴が聞こえてきます。
 一時間も経たないうちに辺りが暗くなったかと思うと大粒の雨が降って来て、歩いていた人たちはあわてて雨具を取り出します。
 そんな土砂降りの雨もほんのわずかな時間で止み、日差しが差し込んでくると、そこにはきれいな虹が見られることが多くあります。

白い虹
(尾瀬ヶ原にかかる白い虹)(尾瀬ヶ原にかかる白い虹)

 尾瀬では、湿原から蒸発した水蒸気が朝の放射冷却とともに霧になることが多くあります。そこに朝日が差し込んでくると、白い虹が見えることがあります。
 雨粒のように大きな粒では光が屈折して、七色の虹が見えることがありますが、霧のように小さな水滴では、光が完全には屈折せずに白く見えます。


尾瀬情報 寄付のお願い 尾瀬賞募集 尾瀬ボランティア 尾瀬友の会 尾瀬自然観察ガイド
尾瀬ガイド協会
PAGE TOP