尾瀬保護財団

尾瀬国立公園

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

トップページ > ご質問・問合せ > よくあるご質問

よくあるご質問

尾瀬に関するよくある質問を掲載しています。
ここに無い質問やご意見・お問い合わせは「問合せフォーム」または、電話・FAXで承ります。

分類 内容
尾瀬にいくには 尾瀬へ行くにはどこから入山したらよいか、入山口までの交通手段などにお答えしています。
尾瀬に入山する 尾瀬に入山するにあたっての疑問にお答えしています。
どんな格好で行く 尾瀬に入るのに、どんな格好をしていったら良いのか、何を持っていったらよいのかなどの質問にお答えしています。
尾瀬の気候は? 尾瀬の気温や天気についてお答えしています。
尾瀬を歩くとき 木道を歩く時の注意や、怪我をした時のことなどの疑問にお答えしています。
尾瀬に泊まる 山小屋に泊まる場合のことなどについてお答えしています。
尾瀬内の施設 トイレや休憩所などについてお答えしています。

尾瀬にいくには

Q 尾瀬に行くには(自家用車、公共交通機関)
 アクセスマップを用意してあります。こちらをごらんください。
Q 駐車場は混雑して停められないことはあるのですか?
 混雑期(5月下旬(ミズバショウのシーズン)、7月中旬(ニッコウキスゲのシーズン)、9月下旬(草紅葉のシーズン))は駐車場も混み合います。ゆとりを持ったプランで尾瀬にいらしてください。
Q 尾瀬の入山口はどこにあるのですか?
群馬県側には鳩待峠、富士見峠、大清水口の3箇所あります。福島県側にも沼山峠、御池の2箇所があり、新潟県側には尾瀬口があります。
Q 交通規制はありますか?
 あります。詳しくはこちらをごらんください。
Q ミズバショウ、ニッコウキスゲ、紅葉の見ごろは?
 年によって若干の違いがありますが、例年の見ごろは、ミズバショウが5月下旬~6月上旬、ニッコウキスゲが7中旬~下旬、紅葉が10月上旬頃です。しかしこの頃の土日は混雑することもあり、ゆっくりと尾瀬の魅力を味わうことの出来ない日もあります。詳しくは「快適利用のススメ」を参考にしてください。
また尾瀬には3つの花や風景以外にも、毎日違ったそれぞれの魅力がある場所です。2回目・3回目と訪れる時にはこうした尾瀬の様々な表情を見て頂きたいと尾瀬保護財団では考えています。

尾瀬に入山する

Q 体力に自信がないのですが大丈夫でしょうか?
鳩待峠や沼山峠のような入山する際に標高差のあまりない登山口もあります。各々の体力にあった無理のない登山計画を立ててください。
Q 日帰りはできますか?
できます。日帰りで来られる方が多いのも事実ですが、入下山に時間がかかる為、尾瀬の中にいれる時間がわずかになってしまいます。尾瀬周辺に一泊してから入山するか、尾瀬内に泊まる方がゆっくり尾瀬を楽しめます。朝夕の尾瀬もなかなかいいものがあります。
Q ペットは連れて行けますか?
野生動物に対する影響が懸念されますので、ご遠慮いただいています。
Q 子供連れで危険な所はありますか?
湿原を散策する上では木道が整備されていますので、危険な場所は少ないと思いますが、一部の木道は高架式になっており、足を踏み外したりすると転落する恐れもあり、大変危険です。小さなお子様をお連れになる時は十分な注意が必要です。 また、至仏山などの山岳地帯では急な斜面もありますので、当然注意が必要になります。

どんな格好で行く

Q 運動靴でも歩けますか?
基本的には尾瀬はほとんど木道が整備されていますので、歩けないことはありません。ただし、濡れた木道は非常に滑りやすく危険ですので、靴底のグリップ力の高いトレッキングシューズなどがお薦めです。
Q 入山口で靴を借りることはできますか?
貸し靴はありませんが、一部の休憩所では靴の販売をしています。しかし、尾瀬は山岳地域でありますので、事前に山登りができる靴を予めご準備ください。
Q 夏でも防寒具は必要ですか?
夏でも朝夕は気温が非常に下がり、日中との寒暖差があります。準備するに越したことはありません。
Q 晴れの予報でも雨具は一応持っていった方がよいのでしょうか?
天候が変わりやすいので、天気予報で一帯が晴れであっても尾瀬内だけは天気が悪いこともあります。雨具を持たずに雨に濡れると体温が急激に奪われてしまうことがあります。尾瀬は山です。簡易なカッパでは風が吹くと雨が吹き込んでしまうことがあるので、上下別のレインウェアを持っていくことをお勧めします。

尾瀬の気候は?

Q 尾瀬の気温はどれくらいですか?
各月の平均気温は以下のとおりです。
5月 6月 7月 8月 9月 10月
7.0℃ 12.4℃ 16.6℃ 17.2℃ 13.2℃ 6.7℃

(山ノ鼻、1989年~1998年の平均)
Q 雨はよく降るのですか?
尾瀬は亜寒帯湿潤気候に属し、冬は大量の降雪があり、それ以外の季節には平均的な降雨があります。尾瀬は山岳地帯ですので天候が変わりやすく、雨具は必需品です。
Q 尾瀬の天気を知るには
財団ウェブサイトのトップページから天気予報にリンクしています。テレビなどの天気予報では、群馬県北部(水上)や福島県南部、新潟県中越の天気を参考にすると良いでしょう。

尾瀬を歩くとき

Q 雷にあった場合は?
雷雲が通過する時間は比較的短いものです。雷が聞こえたとき、山の上にいる場合には早めに下山し、広い湿原にいるときには、近くの山小屋や休憩所、あるいは森林内に避難することをお勧めします(孤立した樹木の下に避難することは逆に危険ですのでやめましょう)。
Q 仲間とはぐれたら
迷子と思っていたら本当の遭難だったということもあります。もよりのビジターセンターにご相談ください。 尾瀬では携帯も通じません。あらかじめ一日のコースをみんなで確認してどこで待ち合わせるかを確認しておくことが大切です。
Q 木道以外は歩いてはいけないのですか?
歩けません。湿原は非常に脆弱な生態系ですので、自然を守るためにも湿原には踏み込まないようにしましょう。もちろんカメラの三脚も例外ではありません。
Q クマは出ますか?
尾瀬はツキノワグマの生息地です。直近のクマ情報は「クマ」をごらんください。また最近のツキノワグマ目撃情報はビジターセンターで確認することができます。 また尾瀬内でツキノワグマを目撃した場合には、貴重な情報となりますので、尾瀬保護財団までお知らせください。
Q 落ち葉を拾ってはいけないのですか?
いけません。尾瀬では植物の摘み取りはもちろんのこと、落ち葉を持ち帰ることもできません。みんなの尾瀬ですので、みんなで自然保護に協力しましょう。
Q 植物を採ってはいけないのですか?
いけません。尾瀬では植物を採取することは禁止されています。
Q 気分が悪くなったり、怪我をした場合は?
お近くのビジターセンターや山小屋にご相談ください。尾瀬に病院はありませんので無理をせず、予定を中断して下山することも必要です。

尾瀬に泊まる

Q 尾瀬内で泊まれる場所は?
尾瀬内には、いくつかの地区にわかれて山小屋があります。尾瀬の山小屋は原則予約制ですのでご注意ください(予約先はこちら)。
Q 山小屋に風呂はありますか?
あります。入浴時間が決められていますので、山小屋で確認してください。 (環境保護のため、石けん・シャンプー等は使用できません)
Q 山小屋に個室はありますか?
泊まれる山小屋もありますが、混雑状況により相部屋になることもあります。山小屋にご確認ください。
Q 山小屋でお昼ご飯を作ってもらえますか?
あらかじめお願いしておけば、宿泊の方を対象におにぎりなどの昼食を用意してくれますので、予約の際に確認してください。

尾瀬内の施設

Q 売店はありますか?
あります。軽食だけでなく、お土産類も販売されています。
Q 食事が食べられるような店はありますか?
休憩所で注文することができますが、そばやうどんなどの軽食が中心です。行動中も口にすることのできる食料(行動食)を用意することをオススメします。
Q トイレはありますか?
山小屋、休憩所がある地区にはチップ制の公衆トイレがあります。
Q キャンプ場はありますか?
山ノ鼻、見晴、尾瀬沼の3地区で幕営ができます。ただし、尾瀬沼は事前に予約が必要ですので、管理者にお問い合わせください(各キャンプ場の問い合わせ先はこちら)。
Q 水場はありますか?
山小屋には水場(無料)があります。
Q 診療所はありますか?
ありません。山の鼻ビジターセンターでは応急処置は行いますが、あくまで軽度な怪我に対する処置しかできません。日ごろから健康に気をつかうだけでなく、装備・計画に余裕を持って入山してください。
Q 携帯電話は通じますか?
鳩待峠、大清水口に基地局が設置され、この周辺で通話できます。他の地区は原則通じません。ただし、ビジターセンターなどでは衛星式の公衆電話が設置されています。
Q コンロは使えますか?
休憩所などの屋内で使うことは禁止されていますが、それ以外の場所では使うことができます。調理後は残飯、残り汁などをその場で捨てず、その他のごみと一緒に家まで持ち帰りましょう。
Q ビジターセンターに電話をかけたいのですが・・・
尾瀬沼ビジターセンター・山の鼻ビジターセンターとも、問い合わせ用の直通電話はありません。山の鼻ビジターセンターへの問い合わせは、下記の尾瀬保護財団事務局にご連絡ください(営業期間・時間はこちら)。
Q 尾瀬に落とし物(忘れ物)をしてしまったのですが・・・
貴重品は、もよりの警察署へ届け出てください。また、他の登山者の方が近隣の山小屋や、ビジターセンターに届けてくれているかもしれません。山の鼻ビジターセンターに届いている場合は、落とし物の具体的な内容、落としたと思われる日と場所などを、下記の尾瀬保護財団事務局までお知らせいただけば、調べることができます。
尾瀬保護財団事務局・お問い合わせ窓口

TEL : 027-220-4431 / FAX : 027-220-4421
受付時間:月曜~金曜の8時30分から17時15分(休・祝日を除く)

※ お電話はつながりにくいことがあります。
※ お掛け間違いにご注意ください。

尾瀬情報 寄付のお願い 尾瀬賞募集 尾瀬ボランティア 尾瀬友の会 尾瀬自然観察ガイド
尾瀬ガイド協会
PAGE TOP