尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

【登山道閉鎖情報有り】ツキノワグマに御注意ください。

【2019年8月21日13:00AM現在】
ツキノワグマ対策のための登山道閉鎖状況は以下のとおりです。
(凡例:○…開放中 ×…閉鎖中)
[×]研究見本園外廻り
[○
]研究見本園内廻り
[○]至仏山東面登山道方面

ツキノワグマの目撃情報が多く寄せられていますので、十分に御注意ください。

特に山ノ鼻から尾瀬ヶ原に出る箇所、研究見本園付近に目撃が集中しています。

至仏山や燧ヶ岳でも目撃したとの情報が寄せられましたので、登山をされる方も注意が必要です。
また、遅い時間に山小屋に到着される方、下山される方がクマに遭遇する事例が多く寄せられています。

朝早い時間や夕方はクマの活動時間であるため、遭遇する危険性が高くなります。

もともと尾瀬はツキノワグマの生息地です。
尾瀬を散策する時には、クマの生息地を訪れるということを忘れず、安全に尾瀬を楽しんでいただくため、クマに遭遇しないための次の行動を心がけてください。

・行動時はクマ鈴など音が出る物を身につける。
・食べ物などを木道や登山道に落としたり捨てたりしない。
・朝早い時間や夕方はクマの活動時間であるため、特に注意する。
・クマを見かけたら静かに速やかに立ち去る。
・クマを見かけても大声を出さない。
・クマを見かけても写真は絶対に撮らない。
・子グマの近くには親グマが必ずいるので特に注意する。

その他、尾瀬のツキノワグマに関する情報は、下記を御覧ください。

パンフレット「クマに注意」
令和元年度のツキノワグマ目撃情報
尾瀬のツキノワグマ対策活動



< 前ページに戻る
PAGE TOP