尾瀬保護財団

尾瀬国立公園

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

トップページ > ルート紹介 > 尾瀬ヶ原周辺 > 竜宮十字路~見晴

竜宮十字路~見晴

ルート解説

 尾瀬ヶ原の木道は平坦で歩きやすいのですが、最近では高架式の木道が多くなっているため、景色を見ながら歩く場合には踏み外さないように気を付けましょう。

 下田代から見る燧ヶ岳はとても大きく存在感があります。

 このコースの見所はやはり燧ヶ岳の雄々しい姿と湿原の広がりです。

 まっすぐ燧ヶ岳に向かって延びる木道を歩きながら、山の様子や湿原の動植物を観察してみてください。

■静かな湿原歩きができる下田代

 竜宮十字路は尾瀬ヶ原の他の場所よりも雪解けが早く、他の場所と比べて少し早く咲き始めます。

 季節を先取りして、様々な花々を楽しむことができます。

 龍宮小屋の裏手には立派な拠水林を伴った沼尻川が流れ、群馬県と福島県の境界となっています。

 沼尻川から見晴までは下田代と呼ばれる尾瀬ヶ原の一部で、木道の北側では湿原がドーム状に盛り上がり、一面緑の湿原越しに見える青い空が清々しく感じられます。

 途中で六兵衛堀という川と拠水林を越えますが、再び湿原を歩く頃には間近に迫った燧ヶ岳と、山に抱かれるようにして建つ見晴の山小屋が見えてきます。

尾瀬情報 寄付のお願い 尾瀬賞募集 尾瀬ボランティア 尾瀬友の会 尾瀬自然観察ガイド
尾瀬ガイド協会
PAGE TOP