尾瀬保護財団

尾瀬国立公園

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

トップページ > ルート紹介 > 尾瀬沼周辺 > 沼尻~三平下(尾瀬沼南岸ルート)

沼尻~三平下(尾瀬沼南岸ルート)

ルート解説

 尾瀬沼の南側は、元からあった山の裾野に川がせき止められて尾瀬沼が出来たため、岸辺が山の裾野が湖岸に迫り出したような地形になっています。

 通称、尾瀬沼南岸ルートとも呼ばれるこのコースも山肌にそって付けられており、手を伸ばせば湖面に届きそうなくらい近い場所もあります。

 この為、残雪の残る頃は、尾瀬沼に迫る急峻な山の斜面を通過することになり、すべり止めなどの装備の上、十分に注意して歩く必要があります。

 ■尾瀬沼越しに燧ヶ岳を望むことができる

 尾瀬沼の静かな湖面や対岸の森と湿原、そこに小さく点在する山小屋を見ながら歩きましょう。ニッコウキスゲの最盛期の頃には、黄色に染まった大江湿原を尾瀬沼越しに見ることもできます

 樹林の中に付けられた木道を歩いていると、森のトンネルを抜けるような雰囲気で、自然に溶け込んだ気分になれますが、一部木道が傾いているところがあり、大変滑りやすいので転倒しないように十分注意してくだい。

 また、このルートの途中から大清水平の湿原へ向かうルートの分岐があります。

尾瀬情報 寄付のお願い 尾瀬賞募集 尾瀬ボランティア 尾瀬友の会 尾瀬自然観察ガイド
尾瀬ガイド協会
PAGE TOP