尾瀬保護財団

尾瀬国立公園

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

トップページ > ルート紹介 > アヤメ平・富士見峠周辺 > (八木沢道)富士見峠~見晴

(八木沢道)富士見峠~見晴

ルート解説

 八木沢道と呼ばれるこのコースは、古くは戸倉から尾瀬ヶ原の山小屋へと馬が荷物を運んだ道でもあります。

 馬のために傾斜のゆるい場所を選んで作られたため、長沢新道(富士見峠~竜宮十字路)と比べて歩きやすい反面、尾瀬ヶ原までの距離が長いという特徴があります。

 八木沢道の入口は、冨士見小屋から白尾山方面に少し林道を登った所にあります。

 ここから緩やかに下る登山道が始まり、幾度となくつづら折れを折り返しながら歩くと、自然と標高が低くなり、やがて八木沢と合流します。橋を渡ると道は平坦になり、見晴までの約2kmを淡々と歩くと見晴のキャンプ場の横に到着します。

■昼場からは燧ヶ岳が見える

尾瀬情報 寄付のお願い 尾瀬賞募集 尾瀬ボランティア 尾瀬友の会 尾瀬自然観察ガイド
尾瀬ガイド協会
PAGE TOP