尾瀬保護財団

尾瀬国立公園

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

トップページ > ルート紹介 > 温泉小屋・三条ノ滝周辺 > (段吉新道)赤田代分岐~兎田代(上分岐)

(段吉新道)赤田代分岐~兎田代(上分岐)

ルート解説

 兎田代(上分岐)から燧ヶ岳西麓を通り、赤田代へと至るこのコースは段吉新道と呼ばれています。

 古くは檜枝岐村から尾瀬ヶ原に至るためには、平滑ノ滝や三条ノ滝に沿った急峻な岩場を行き来する必要があり、初代の温泉小屋主である星段吉氏が滝を迂回し、起伏の少ない新道を拓いたため段吉新道と呼ばれています。

 このため比較的上り下りが少なく、ハシゴやクサリ場のある滝コースを迂回できるなど、足に自信の無い方におすすめです。

■アップダウンの少ないブナ林の中をゆく

 コースは美しいブナ林に囲まれ、足元にはツバメオモトが咲き誇り、特に新緑の頃が印象的です。

■ツバメオモトの実

尾瀬情報 寄付のお願い 尾瀬賞募集 尾瀬ボランティア 尾瀬友の会 尾瀬自然観察ガイド
尾瀬ガイド協会
PAGE TOP