トップページ > ルート紹介 > 尾瀬ヶ原周辺 > 見晴~赤田代分岐

見晴~赤田代分岐

ルート解説

 尾瀬ヶ原の木道は平坦で歩きやすいのですが、最近では高架式の木道が多くなっているため、景色を見ながら歩く場合には踏み外さないように気を付けましょう。

 このコースを利用すると、尾瀬ヶ原を大きく一周することができ、本州最大の湿原をすみずみまで歩くことで、変化に富んだ尾瀬の自然を楽しみながら学ぶことができます。

 尾瀬ヶ原の東端、燧ヶ岳の裾野に建つ見晴から赤田代へは、湿原内に入り込んで生育する針葉樹林の森を出入りしながら木道が延びています。

 西側に広大な尾瀬ヶ原の景色を眺めながら、湿原の植物をゆっくり観察できる場所です。

■途中で見られるリュウキンカの群生

PAGE TOP