尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2019年10月30日-尾瀬沼ビジターセンターより(尾瀬沼の思い出)

■ 天候:曇り
■ 気温:6.7℃【9時】9.2℃【昨日の最高気温】3.7℃【今日の最低気温】

ブログをご覧の皆様こんにちは。
今日の大江湿原の三本カラマツは、昨日に比べ少しスマートに見えます。

【三本カラマツ(尾瀬塚)のようす】

カラマツの葉も落ちて、山小屋も閉まり、人もまばらな尾瀬沼は
とても静かで夏の賑わいを思い出すと少し寂しくなります。

今日は少し今年のことをふり返ってみましょうか。

【五月の大江湿原の様子】

五月に私たちビジター職員が上山してきた時には、まだ雪がたくさん残っていました。
気をつけて歩いていても、
うっかり木道の端を歩いてしまい、踏み抜いてしまったことを思い出します。

【釜ッ堀湿原のミズバショウ】

六月になるとミズバショウが顔を出し、
その可愛らしい姿でまだ残雪の残る尾瀬沼を彩ってくれました。

【豊作のニッコウキスゲ】

なんと言っても今年の七月は素晴らしかったですね。
たくさんのニッコウキスゲが一斉に咲き出して、大江湿原は黄色に染まりました。
数を減らしていたニッコウキスゲが力一杯咲き誇る姿に、
これまでのシカ対策が実を結んだことを感じます。

【夏の快晴と尾瀬沼】

八月の尾瀬は強い陽射しに照らされて、
どの季節より尾瀬沼が美しかったことを覚えています。
お昼休みに売店で買ったアイスを片手にデッキから眺める風景は格別でした。

【沼尻湿原のヒツジグサ】

少しずつ葉が色付き始めた九月。
沼尻の池塘でヒツジグサの花を見つけました。
池塘の中で赤く染まった葉に囲まれて花開く姿は、
陽が落ちるのに合わせて池塘の中に消えてしまいました。
少しミステリアスなその花に心奪われました。

【草紅葉の大江湿原】

十月は台風の直撃で尾瀬沼周辺も倒木など多くの被害を受けました。
今シーズン、尾瀬沼南岸(三平下~沼尻)の登山道は通行止めです。
それでも、紅葉の季節を見逃せないと多くの方が尾瀬沼に来てくれました。

駆け足に季節は過ぎていきました。
尾瀬沼ビジターセンターシーズン終了まであと一日。
尾瀬沼は来年もきっと美しい姿を見せてくれるでしょう。
是非是非、足を運んでみてください。

担当:石川



< 前ページに戻る
PAGE TOP