尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

台風19号による影響について (10月21日更新)

10月21日13時30分更新
台風19号による影響で断水していた一ノ瀬公衆トイレが使用可能になりました。

台風19号の影響により、一部登山道で通行止めがありますので、尾瀬にお越しの際はご注意ください。また、山小屋やトイレが閉鎖される時期になりましたので、合わせてご注意ください。当財団HPに各施設の閉鎖予定をまとめておりますので事前にご確認ください。

1.尾瀬内の状況
(1)尾瀬ヶ原側

◯登山道の通行止め
・赤田代から三条ノ滝に向かう途中の橋が流されたため、平滑ノ滝〜三条ノ滝間が通行止めとなります。なお、三条ノ滝展望台は冬季閉鎖されました。

◯その他の注意点
・至仏山は、鳩待峠〜至仏山の原見岩下部(標高1900m付近)で木道がずれておりますので通行の際はご注意ください。
・長沢新道に倒木がありますので通行の際はご注意ください。
・八木沢道は倒木が数本あります。また八木沢橋付近の登山道が一部崩壊したため、登山道が狭くなっております。通行の際は、笹薮の中を通っていただく状態となっております。

(2)尾瀬沼側

◯登山道の通行止め
・倒木が多く危険なため、尾瀬沼南岸(三平下~沼尻)は当面通行止めになります。
・道行沢登山道は橋が流出したため通行止めとなっております。

◯その他の注意点
・燧ヶ岳は、各登山道で倒木が複数発生しております。
・燧裏林道は、御池方面で沢を渡る小さな橋が落ちておりますが通行は可能です。
・小淵沢田代は、各登山道で倒木が複数発生しております。

(3)田代山・帝釈山

◯林道の通行止め
・台風19号の影響により村道舟岐線馬坂峠登山口と南会津町猿倉登山口までの林道は通行止めとなっております。

(4)会津駒ケ岳
・竜ノ門の滝展望台の登山道の橋が台風19号の影響により流失し通行止めとなりました。
・なお、2019シーズンの復旧の見込みはたっておりません。

2.道路・交通機関の状況

◯大清水~一ノ瀬間低公害車両の運行終了
・大清水〜一ノ瀬間の車道において、道路の洗堀や路肩の崩壊が発生しております。
歩行での通行には支障ありませんが、低公害車両は今シーズンの運行を終了します。



< 前ページに戻る
PAGE TOP