尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2019年9月18日ー山の鼻ビジターセンターより(雨上がりの楽しみ)

■ 天気:曇り時々雨
■ 気温:17.7℃(最高気温) 14.5℃(最低気温)
皆さん、こんにちは。
昨日の好天とは、うって変わって今日は肌寒く
時折、小雨も降るどんよりとした曇り空でした。
雨の間をぬって植物研究見本園をお散歩してきましたので
その様子をお伝えします。

現在、見頃を迎えているウメバチソウ。
おしゃれな雨粒の冠をかぶっているようです。

木道に架かるのはオクトリカブトのアーチ。
くぐらずに跨いで進みます。
散り始めた花びらも木道に模様をつけていました。

真っ赤なズミの実。
滴る水玉にもその姿が映っています。

湿原の大型植物アブラガヤ。
日を増すごとに、実が濃い茶褐色になってきました。

ヤマドリゼンマイは葉の先が色づき始めています。
湿原も周囲のササや木々の葉の緑色と比べると
色が変わってきていることがわかります。

散策時には天気の良い日を選びがちですが
たまには雨の美しさに触れるのも良いかもしれませんね。
尚、濡れた木道は大変滑りやすいので注意して
通行し秋の尾瀬を楽しまれて下さい。

担当:柴崎



< 前ページに戻る
PAGE TOP