尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2019年9月14日-山の鼻ビジターセンターより(中秋の名月そして最小の満月)

■ 天気:晴れ
■ 気温:23.7℃(最高気温) 8.0℃(最低気温)

みなさんこんにちは。
本日は秋晴れ、そして肌寒い朝を迎えました。
私たち職員も昨日フリースを出してきて、
「寒い寒い」と口々に言っていたほどです。
さて、昨日13日は「中秋の名月」。
みなさん、お月さまを眺められましたか?
「真ん中の小さな光がお月さまです」

1年の中で月をじっくり眺めるイベントは、
この「中秋の名月」以外にありません。
日本の、なんてすばらしい文化なのだろうと、
この季節が来るたびに思います。
「参加者の方と一緒に月が出てくるのを待つ贅沢な時間」

街なかにいても、ひときわ存在感を放つ月は見ることはできますが、
やはり街灯の少ない自然の広がる尾瀬で見る月は格別です。
残念ながら、昨日は一瞬姿を現しただけで、
望遠鏡でクレーターを見ることはできなかったのですが、
参加者のみなさんと一緒に空を見上げ、月が出るのを一緒に待つという
贅沢な時間を過ごさせていただけてとても楽しいひと時となりました。
来年はススキとお団子をきちんとお供えしてお月さまが姿を現してくれるよう、
準備をしっかりとしたいと思います!
お越しいただいたみなさん、本当にありがとうございました。

そして本日は「今年最小の満月」です。
今宵は地球から約40万Km離れた月を眺めてみませんか。

担当:萩原



< 前ページに戻る
PAGE TOP