尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2019年8月22日ー山の鼻ビジターセンターより(ビジターセンターの様子)

■ 天気:雨
■ 気温:19.6℃(最高気温) 17.3℃(最低気温)

今日は1日中雨が降り続いていました。
このような日は山の鼻ビジターセンターの館内展示の話をしたいと思います。

ビジターセンターの正面玄関から入るとクマに関する展示があります。
山ノ鼻周辺では連日クマの目撃が相次いでいます。
安全のためにもここでクマについて学んでいただきたいと思います。
また山のなかでクマに遭ったら写真など撮らずに速やかに距離をとって頂きますが、
ここのクマのはく製は安全ですので一緒に記念撮影することができます。

クマの展示の裏に野鳥の展示があり、
鳥の鳴き声が聞けるペン状の器具もあります。

その他展示室にはこの時期の植物の紹介や、
 
動物の毛皮やはく製、
 
そして今の時期の特別な企画として尾瀬の歴史を写真と共に振り返る展示も行っています。
昔と今の写真を並べて比較したものや建て替える前の山小屋の姿などがみられる
大変面白い展示になっています。是非ご覧ください。
 
またレクチャールームには図鑑や写真集などが置かれており自由にお読みいただけますが、
2007年までの尾瀬に関する記事を纏めたものもあり、
これでも尾瀬の歴史を知ることが出来ます。
 
これらの展示の多くは今いる管理員や歴代の管理員が手作りしたり手を加えたもので、
これらを眺めていると、この山の鼻ビジターセンターの歴史も感じます。
内容も毎年少しづつ変わっていますので、前にご覧になられた方も、
山ノ鼻にお越しの際には是非またお立ち寄りください。

担当:菅原



< 前ページに戻る
PAGE TOP