尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2019年8月11日ー尾瀬沼ビジターセンターより(今日は山の日)

■ 天気:晴れ
■ 気温:22.3℃【9時】 26.9℃【昨日の最高気温】 15.4℃【今日の最低気温】

ブログをご覧の皆さん、こんにちは。
今日は朝から陽射しが強く、湿原の木道に立っているとじりじり暑くなってくるような良いお天気です。2016年に国民の祝日に制定された山の日は、「山に親しむ機会を得て山の恩恵に感謝する日」です。今日も美しい自然に感謝して、自分で持ち込んだゴミは勿論持ち帰りですが、落ちているゴミも余裕があればひとつ拾ってみませんか?

【燧ヶ岳】こんな良いお天気なので、さっそく燧ヶ岳に登っている人を発見しました。

【ビジターセンターの望遠鏡でみると】人がはっきり見えます。今の時期は特に朝早く、涼しい時間に登り始めた方が楽に登れそうですね。燧ヶ岳の下部はジメッとした樹林帯、上部は日陰がなく、直射日光を受けながら歩くことになります。日焼け止めで紫外線対策や、充分な飲料水を用意しましょう。また、寝不足・体調不良での登山は熱中症を引き起こしやすくします。山は逃げないので、コンディションを整えてから再挑戦しましょう。

【釜ッ堀湿原からの燧ヶ岳】燧ヶ岳はどこから見てものびのびと裾を広げ美しい山容です。ビジターセンターからすぐの釜ッ堀湿原からは、その燧ヶ岳の一端にもこもことした特徴的な形の景鶴山を望めます。
春はミズバショウの群生が目を楽しませてくれる釜ッ堀湿原も、今はヨシが大人の背丈ほどのび鬱蒼とした雰囲気です。その木道脇に目を向けてみると、春に咲いたミズバショウの実が熟してこぼれています。

【ミズバショウの実】こうやってミズバショウは水の流れを利用して、種を遠くへとばします。またミズバショウの熟した実はツキノワグマの好物で、その実を食べたツキノワグマが糞で未消化の種を他の場所に運びます。尾瀬にとってツキノワグマはかけがえのない存在なんですね。最近、尾瀬ヶ原での目撃情報が多く寄せられていますが、ツキノワグマは尾瀬全域に生息しています。ツキノワグマは普段はおとなしく臆病な動物ですが、ばったり人間に会ってしまうと驚いて攻撃してくる可能性があります。クマ鈴等で自分の居場所を知らせるなど、出会い頭の事故を防ぎましょう。

では三連休の二日目、素敵な一日をお過ごしください。

担当:大澤



< 前ページに戻る
PAGE TOP