尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2019年8月10日ー山の鼻ビジターセンターより(尾瀬ヶ原の動植物たち)

■ 天気:晴れ
■ 気温:29.5℃(最高気温) 16.2℃(最低気温)

 

こんにちは!
今日の尾瀬ヶ原は青空に恵まれ、尾瀬日和な一日となりました。

ただ連日気温が30℃前後まで上がっていますので、屋根の無い尾瀬ヶ原へ出られる方は熱中症対策をしっかりしてお越しくださいませ。

さてさて、今日は尾瀬ヶ原で見る事の出来る植物と昆虫達を紹介していきたいと思います。

今は盛夏を迎え、そして秋に向けて様々な植物が見れる様になってきました。。

 

お花の方はサワギキョウをメインにコバギボウシ、クガイソウ、コオニユリなどなど

紫色の鮮やかな花を咲かせていたノアザミもアッと言う間に綿毛となり風に飛ばされ始めておりました。

 
尾瀬ヶ原に出ると稲穂を付けたようなアブラガヤが目に入ります。
アブラガヤの先端には風に揺られながらアキアカネが羽を休めていました。
 
大きな黄色い花を咲かせているマルバダケブキの蜜を吸うコヒョウモン

 
ノダケの蕾にとまるアキアカネ

 
植物の茎に糸を張り獲物を待つキンカタハリオニグモ

 

是非、尾瀬に生きる命たちを見にいらしてみて下さい。

 

担当:坂上



< 前ページに戻る
PAGE TOP