尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2019年7月21日-山の鼻ビジターセンターより(尾瀬ボランティアをご存知ですか?)

■ 天気:曇り
■ 気温:23.6℃(最高気温) 15.5℃(最低気温)

本日も梅雨らしい空の広がる尾瀬ヶ原。
至仏山の真上に雲が広がっています。

雨続きのおかげで、オタマジャクシもすくすく成長。
もうカエルのかたちになってきました。
ほかのオタマジャクシも手や足が生えて、
もうすぐカエルのかたちになりそうな個体がたくさん見られます。

さて、ブログタイトルにある「尾瀬ボランティア」ですが、
みなさん、尾瀬にはたくさんのボランティアさんが
いらっしゃることをご存知でしょうか。
昨夜、「尾瀬ボランティアの語る尾瀬のあゆみ」というイベントを開催し、
尾瀬ボランティアさん自らお話をしていただきました。
「出演いただいたのは尾瀬ボランティアの斉藤 敦さん」

尾瀬ボランティアさんには入山者に対しての啓発活動やゴミ拾い、
ミニツアーの実施、外来種除去など様々な活動を行っていただいています。
今の尾瀬にはこのボランティアさんたちが無くてはならない存在になっているほど
精力的に活動していただいていて、尾瀬ボランティアさんの熱意と
尾瀬を愛する気持ちには尊敬しかありません。
尾瀬という国立公園が維持できているのは、
このボランティアさんたちのおかげと言っても過言ではないと思います。
みなさんも、尾瀬に訪れた際にゴミ拾いをしている人、
入山口に立って啓発活動をしている人を見たら、
ぜひ話しかけてみて下さい。
みなさんの知らなかった尾瀬のこと、
教えてくれるかもしれませんよ。

担当:萩原



< 前ページに戻る
PAGE TOP