尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2019年7月21日-尾瀬沼ビジターセンターより(大清水の様子)

■天候:曇
■気温:20.2℃(9時) 22.0℃(昨日の最高気温)14.9℃(今日の最低気温)

ブログをご覧の皆さん、こんにちは。
大江湿原のニッコウキスゲは今日も綺麗に咲いています。

ニッコウキスゲは一日花で、朝に咲いて夕にはしぼんでしまう儚い花です。
そんなニッコウキスゲが楽しめるのはあと一週間程度だと予想しています。
さあ、みなさん。大江湿原へニッコウキスゲを見に行きましょう。

 

さて、尾瀬へいらっしゃるときに大清水の入山口を利用される方も多いかと思います。
「ニッコウキスゲが見たい!」と急ぎたくなる気持ちもわかるのですが、
大清水の登山道もゆっくりと楽しんでください。
一ノ瀬から三平峠までの間ではたくさんの花を見ることができます。

【白い花を咲かせるヤグルマソウ】

【オオウバユリのつぼみ】

【木の根元に咲くギンリョウソウ】

 

大清水から一ノ瀬までの間の旧道はぬかるみや倒木で歩きにくいところがありますので、
気をつけて通行してください。

【旧道のぬかるみ】

【旧道の倒木】

 

旧道を歩く際は、熊鈴を付けたり、熊鐘を鳴らすのを忘れずにお願いします。
自分の存在を知らせることで熊とばったり出会ってしまう危険性を減らすことができます。

【熊に人間が来た事を伝える熊鐘】

 

梅雨明け間近になりましたが、まだまだ天気の悪い日は続くようです。
ぬれた木道でのスリップなどに十分注意して尾瀬に遊びに来てください。

担当:石川



< 前ページに戻る
PAGE TOP