尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2019年7月20日-尾瀬沼ビジターセンターより(尾瀬沼の様子)

■天候:曇り一時雨
■気温:19.0℃(9時) 20.1℃(昨日の最高気温)15.9℃(今日の最低気温)

ブログをご覧の皆さん、こんにちは。
梅雨がなかなか明けず、雨もようの日が続きます。雨の日の湿原もいいものですが、そろそろスカッとした青空の下でニッコウキスゲの群生を見たいものです。
今日最初は、新しくできた展望デッキからの、尾瀬沼の様子をご覧ください。

今朝の大江湿原の様子です。
【ニッコウキスゲ(大江湿原)】

見晴休憩所でのイベント(夜のスライドショーと朝イチ観察会)の後、見晴から赤田代までを巡回してきました。ツルコケモモやトキソウがたくさん咲いていました。
【ツルコケモモ】
【トキソウ】※見晴イベントは来月も実施します(日程は後日お知らせします。)。見晴にお越しの際は、ぜひご参加ください。

白砂湿原の池塘ではルリイトトンボを発見。そのとなりでは食虫植物のナガバノモウセンゴケが虫を捕えようと狙っているかのようです。
【ルリイトトンボ】
【ナガバノモウセンゴケ】

沼尻では、ヒツジグサが咲いていました。
【ヒツジグサ】

最後は先日、大清水平の先で見つけたツキノワグマの爪跡です。新鮮なフンや足跡などを発見したときは、無理せず引き返しましょう。クマ鈴などで自分の存在を知らせることも大切です。

担当:米山



< 前ページに戻る
PAGE TOP