尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2019年7月9日-山の鼻ビジターセンターより(尾瀬ヶ原に咲く花)

■ 天気:曇りのち雨
■ 気温:19.3℃(最高気温) 13.2℃(最低気温)

こんにちは!
今日は朝から曇り空で、お昼過ぎ位からポツポツ降ったり止んだりの天気でした。

少し雨に降られながらも尾瀬ヶ原の巡回をして来ましたので、尾瀬ヶ原に咲いていた花の状況をお伝えいたします。
まずは昨日のブログでもご紹介したヒオウギアヤメとカキツバタですが、一番の見どころは下ノ大堀川付近です。
春に水芭蕉で埋め尽くされていたビュースポットも、今はアヤメとカキツバタの群生に変わっております。

ニッコウキスゲも所々咲いてきてはいますが、まだ蕾が多く2,3割と言った感じです。

尾瀬ヶ原全域で見られる様になってきたのが「トキソウ」です。

トキソウに少し似てますが、トキソウよりも鮮やかなピンク色をした「サワラン」も咲き始めております。

ワタスゲの綿毛もいたる所で見ることが出来ます。

池塘の中ではヒツジグサも沢山咲いておりました。

その他にも、ブログではご紹介出来ないほど色んな花々が咲いておりますので、花の尾瀬ヶ原を是非楽しみに来てみて下さい。

担当:坂上



< 前ページに戻る
PAGE TOP