尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2019年6月18日-山の鼻ビジターセンターより(初夏の訪れを告げる蕾たち)

■ 天気:晴れ
■ 気温:19.9℃(最高気温) 3.3℃(最低気温)
皆さん、こんにちは。
今日の尾瀬ヶ原は数日ぶりにすっきりと晴れ
過ごしやすい一日でした。

上田代から望む至仏山。
湿原全体が緑に覆われ始めています。

尾瀬ヶ原の入り口。
枯れたヨシに囲まれていたミズバショウとリュウキンカの周囲も
緑が見られ、花の色が映える様になってきました。

尾瀬ヶ原で見られた蕾をご紹介します。
まずはレンゲツツジ。
小さく可愛らしいお花たちが湿原を彩るなかで
レンゲツツジの大きな蕾と鮮やかなオレンジ色は
とても目立ちます。

まだ青みがかった蕾が目立つのはニッコウキスゲ。

コバイケイソウ。
大きな葉に包まれたトウモロコシの様で、ちょっとおいしそうです。

春のお花たちが咲き始めたと思ったら
夏に見られるお花たちも準備を始めている様です。
見られるお花の種類も徐々に増えてきており
エゾハルゼミの鳴き声も加わって
尾瀬ヶ原は初夏の予感に包まれています。
是非、季節の移り変わりを楽しまれに尾瀬にいらして下さい。

尚、雨で濡れた木道は大変滑りやすくなっております。
桟木を利用し注意して通行して下さい。

担当:柴﨑



< 前ページに戻る
PAGE TOP