尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2019年6月18日-尾瀬沼ビジターセンターより(雨に輝く○○)

■ 天気:晴れ
■ 気温:12.5℃(9時) 12.6℃(昨日の最高気温) 3.6℃(今日の最低気温)

ブログをご覧の皆様、こんにちは。
今朝は雲が多く燧ヶ岳にも雲がかかっていましたが、今は山頂がきれいに見えます。【燧ヶ岳の山頂を望遠鏡でみると・・・】

昨日は大江湿原~沼山峠休憩所の範囲の巡回に行ってきました。
雨で木道が大変滑りやすいので、気をつけてください。
降雨後の植物が生き生きした様子が美しいです。
林内では、蕾をつけたマイヅルソウが木道の傍らでツヤツヤの葉っぱを広げていました。【マイヅルソウ】

大江湿原ではミズバショウや、タテヤマリンドウ、リュウキンカ、シナノキンバイ、ナツトウダイなどが目を楽しませてくれます。
その脇にはこっそりヤマドリゼンマイが新芽を出していました。雨でしっとりとして、その様子がまた可愛らしい。【ヤマドリゼンマイの新芽】

木道には雨が上がり出てきたこんな尾瀬の生き物を発見しました。踏まないように注意しましょう。【タケカレハの幼虫】

最後に気になるワタスゲの状況ですが、真っ白になる一歩手前のものがチラホラ見られます。もう少しですね。【ワタスゲの花穂】

梅雨の尾瀬もなかなか風情があっていいものです。是非、雨対策をしっかりして安全にお越し下さい。

担当:大澤



< 前ページに戻る
PAGE TOP