尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2019年6月16日ー山の鼻ビジターセンターより(山ノ鼻周辺の花と熊の痕跡)

■天候:雨
■気温:14.4℃【9時】 13.8℃【昨日の最高気温】 12.4℃【今日の最低気温】

 

こんにちは。

今日の山ノ鼻は梅雨らしい雨の一日でした。

山ノ鼻近くに咲いていたサンカヨウも今朝の風雨で残念ながら散ってしまっておりました。
濡れると透けて見え、散る時もアッという間で本当ガラスの様な花ですね。
それが美しいのですが。

本日は今の山ノ鼻周辺で見られる花を紹介していきたいと思います。

アマドコロ
名前に「アマ」が入っていて、「雨」が関係している花なのかなと調べたところ
「根茎の見た目が山芋のトコロ(オニドコロ)に似ており、甘みがあるのが和名の由来になっている」との事。
食欲が名前の由来でした(笑)

ミツガシワ
研究見本園で柵をして鹿から守っているお花です。
花の開花が進んできてます。
花言葉が私は大好きです。

タテヤマリンドウ
雨の時のタテヤマリンドウです。
筆みたいで雨の時も可愛いらしい感じです。

「ヒメシャクナゲ」
ポツポツと小さい花を咲かせて可愛いですね。

「チングルマ」
群生はまだ見られませんが咲き始めております。

 

研究見本園の水芭蕉も、まだまだ見頃です。

そんな中、熊に実が食べられている水芭蕉を数株見つけました。

人がいない時間に、ここまで熊が下りて来ているんですね。

 

ここ数日、熊の出没が多くなってきておりますので、皆さんも鈴などの熊対策を怠らない様お願い致します。
また目撃情報等ありましたらビジターセンターまで情報提供をお願い致します。

担当 坂上



< 前ページに戻る
PAGE TOP