尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2019年6月11日ー山の鼻ビジターセンターより(移り変わり)

■ 天気:曇り
■ 気温:13.7℃(最高気温) 3.8℃(最低気温)

みなさん、こんにちは!
本日の尾瀬ヶ原も梅雨らしい空が広がっています。
「雲に包まれる至仏山」
さて、尾瀬ヶ原の植物の様子はというと
尾瀬ヶ原の入り口ではまだまだミズバショウの白い仏炎苞が目立っています。
「ミズバショウとリュウキンカが見られます」
そして逆さ燧付近の木道の間には今では数少ない、
ミツガシワのお花が咲き始めています。
「シカの食害により減りつつあるミツガシワ」

そして!尾瀬ヶ原のいたるところでミズバショウはお花が終わり、
実になり始めました。
「咲き始めたころとはまた別の顔を見せます」
葉も、実もとても大きくなり、
葉は光合成を、実はその光合成によってできた養分を十分に蓄え、
子孫を残すために今シーズンも立派な形になっていきます。

他にもたくさんの植物が次々に主役になろうとしている尾瀬ヶ原。
ぜひ、ミズバショウだけでなく、様々な植物の花盛りを見に来てください。
尾瀬はお泊りになるのもおすすめですよ!

担当:萩原



< 前ページに戻る
PAGE TOP