尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2019年6月9日-尾瀬沼ビジターセンターより(清楚な花にも愛を)

■天気:曇り
■気温:4.2℃(9時) 15.5℃(昨日の最高気温) 4.2℃(今日の最低気温)

ブログをご覧のみなさんこんにちは。今朝は4℃ほどまで冷え込んで、尾瀬沼から霧が立ち上る幻想的な光景を見ることができました。

【今朝5時前の尾瀬沼】

今日は日曜日ということもあって、ミズバショウの鑑賞をおもな目的にたくさんの方々が尾瀬沼を訪れています。

【釜ッ堀湿原のミズバショウ】

湿原にも緑が広がり始めて、その中に咲くミズバショウの白がひき立つ季節です。
あまり注目されませんが、その他にもさまざまな小さな花が咲きはじめています。
その一つがサンリンソウで、純白の可憐な花が湿原に咲いています。

【サンリンソウ】

タケシマランは林間の植物で、葉の下に花をつけるので見つけるのが難しいかも知れません。

【タケシマラン】

ヒロハツリバナも蕾をつけています。花は地味ですが秋になって実をつけるととても美しくなります。

【ヒロハツリバナの蕾】

【ヒロハツリバナの秋の実】

こうした尾瀬の季節の移り変わりなどを、金曜、土曜の夜7時、尾瀬沼ビジターセンターでスライドショーとしてお伝えしています。

【昨日のスライドショーの様子】

こちらにお出での際はスライドショーにもぜひご参加ください。

担当:加藤



< 前ページに戻る
PAGE TOP