尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2019年6月9日ー山の鼻ビジターセンターより(昨日のイベント)

■ 天気:曇り時々雨
■ 気温:14.2℃(最高気温) 5.4℃(最低気温)

みなさん、こんにちは!
本日の尾瀬ヶ原はどんより曇り空。
小雨もぱらついていました。
そんななかきれいに咲くお花が!
「山ノ鼻地区のシラネアオイ」

さて、昨日は令和元年度初のイベント、
「尾瀬で聞くツキノワグマのおはなし」を開催させていただきました。
「職員がツキノワグマに扮して登場する場面も」
尾瀬ヶ原をはじめ、尾瀬国立公園にはたくさんのツキノワグマが生息しています。
もちろん本州にもツキノワグマは生息し、
いろいろなところで話題になっているのですが、
そのツキノワグマについてみなさんに
正しく知っていただこうと企画させていただきました。
新聞やニュースで話題になることも多く、
とても獰猛な生き物と思われていますが、
実はとーっても臆病な生き物で人に会わないように
かなり気をつかって生活しています。

「ツキノワグマからのメッセージを話す職員」
このイベントを通し、ツキノワグマやたくさんの野生動物が
生息できる尾瀬のような貴重な自然を
これからも残していきたいと思っていただけたら幸いです。
お客様からは、「尾瀬に訪れる方全員に聞いていただきたい内容です」
というお声をいただきました。
この言葉を胸に、これからもツキノワグマのことを
正しく知っていただくためのお手伝いをさせていただきたいと思います。

担当:萩原



< 前ページに戻る
PAGE TOP