尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

第22回尾瀬ボランティア総会が開催されました。

平成31年1月19日(土)に、埼玉県川口市の埼玉県産業技術総合センターにおいて、第22回尾瀬ボランティア総会が開催され、尾瀬ボランティア33名が参加しました。

坂田事務局長のあいさつの後、3名の先生方による講演が行われ、
片品自然保護官事務所の庄司亜香音保護官による「新・尾瀬ビジョン」、
(株)野生動物保護管理事務所の奥村忠誠先生による「尾瀬とシカのこれからを考える」、
東京大学生産技術研究所准教授の沖一雄先生による「地上・リモートセンシングによる尾瀬ヶ原湿原におけるシカ個体数推定手法の開発について」、
3つの演題それぞれがタイムリーな話題だけに参加者の関心も高く、皆さん熱心に耳を傾けていました。
休憩の後は、5つの班に分かれて「新・尾瀬ビジョンと尾瀬ボランティア」をテーマに話し合いを行い、それぞれの班で出た意見を発表し合いました。

総会終了後は、西川口駅前の中華料理店にて交流会を行いました。
財団職員も加わって、食べたり飲んだりしながら意見交換を行い、親睦を深めました。

【講演の様子】

【記念撮影】



< 前ページに戻る
PAGE TOP