尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2018年10月26日-山の鼻ビジターセンターより(今シーズンの下ノ大堀)

■ 天気:晴れのち曇り
■ 気温:10.3℃(最高気温) -0.3℃(最低気温)

尾瀬のシーズンも残すところ後1週間と少しとなりました。
本日は、今シーズンの下ノ大堀の写真から今年を振り返ってみたいと思います。

1枚目は5月20日です。
おそらくこの頃がミズバショウのピークだったと思われます。
去年のピークが30日ぐらいでしたので、今年は1週間と少し早かったです。
ミズバショウに限らず今年は多くの植物が去年よりも早く咲きました。

2枚目は5月24日です。
数日前よりミズバショウが目立たなくなっています。
至仏山にはまだまだ雪が残りますが、去年と比べると少なめでした。

3枚目は6月19日です。
至仏山の雪も殆ど無くなり、湿原も緑色になってきています。

4枚目は7月18日です。
この日の最高気温は31.1℃、翌日には今年最高となる33.2℃を記録しました。
今年の全国的な猛暑は記憶に新しいですが、
尾瀬でも30度以上の真夏日が14日(去年は3日)もありました。

5枚目は8月21日です。
暑さのピークも過ぎ、仄かに秋の気配が漂い始める時期です。

6枚目は9月3日です。
8月のお盆から9月中旬以降の紅葉シーズンの間は尾瀬に来る人も少なくなります。
ですのでこの時期は特に静かな尾瀬をのんびりと楽しめます。

7枚目は10月21日です。
風が湿原の枯れ草をゆらしカサカサと音を立てる晩秋の雰囲気漂う尾瀬ヶ原です。
このような雰囲気の尾瀬も個人的には好みです。

 
さて、皆様にとって今年の尾瀬はどうだったでしょうか?
色々な日がありましたが、どのような日もその瞬間しか見られない尾瀬です。
一期一会の情景を振り返りつつ、来年に想いを馳せて頂ければと思います。
最後となりますが、本シーズンも多くの方にお世話になりました。
この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

担当:菅原

 
尾瀬の各所で橋板の撤去など、
冬に向けての準備が行われております。
詳しくは下記をご覧ください。

平成30年シーズンの各施設の営業終了・閉設予定について(10月15日更新)



< 前ページに戻る
PAGE TOP