尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

山の鼻ビジターセンター「尾瀬の大切な歩荷(ぼっか)さん」(実施報告)

9月23日(秋分の日)に行われた「尾瀬の大切な歩荷さん」について、ご報告させていただきます!

この日のゲストは歩荷歴30年の渡部さん!いつもにこにこ優しい笑顔が特徴的です!
「歩荷歴30年の渡部さん」

まずは、歩荷さんのお仕事や、密着取材させていただいた様子など、歩荷さんの仕事について知っていただくお話をしたあと、渡部さんへの質問タイムとなりました。
「様々な質問に答えてくれた渡部さん」
※山の鼻ビジターセンターでは「歩荷さんに聞きたいこと」というアンケートを取らせていただきました。ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。尚、アンケートにお書きいただいた質問と渡部さんに答えていただいたQ&Aは、こちらに掲載させていただきます。

次は実際に荷物を組む様子を見せていただきました。
「荷物を組む渡部さん」

こんなにたくさんの人に見られながらだと恥ずかしい、と言いながら慣れた手つきで荷物を組んでいました。そして実際に背負っていただき立ち上がるときのコツを話していただいたあと、お客様に歩荷体験をしていただきました!
「頭で支えるのがポイントです」

意外にも女性の方が背負えるだけでなく歩ける方が多くて、職員もお客様も驚きでした。

ご協力いただき、ありがとうございます。
最後に、渡部さんからひと言いただいたあと、
「荷物を背負ってなければ、どんどん話しかけてください!と渡部さん」
イベントは大盛り上がりの中、終了しました。

このイベントを行うためにご協力いただいた歩荷の渡部さんをはじめ、歩荷の方々、本当にありがとうございました。こんなに素晴らしい方々が尾瀬にいることを、私たちももっとたくさんの人に伝えていきたいと思います。

山の鼻ビジターセンター



< 前ページに戻る
PAGE TOP