尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2018年9月13日-尾瀬沼ビジターセンターより(尾瀬はもう秋模様)

■ 天候:曇り
■ 気温:14.9℃【9時】 16.0℃【昨日の最高気温】 7.7℃【今日の最低気温】

ブログをご覧の皆さん、こんにちは。
今日の尾瀬沼は風は曇っていますが、風が弱く燧ヶ岳もしっかり見えています。

【エゾリンドウと燧ヶ岳】
今年はエゾリンドウが去年よりたくさん咲いている印象です。
エゾリンドウは尾瀬の花の最終ランナーで、お花の咲く季節がはもうほぼ終わりですが、色々な植物が実や種をつけています。

【ミヤマアキノキリンソウ】
ミヤマアキノキリンソウの綿が帽子のようでかわいらしいです。
最近、最高気温が20℃を超える日が少なくなってきました。すっかり尾瀬は秋模様です。

【すじ雲】
すじ雲は秋を代表する雲ですが、正式には「巻雲(けんうん)」といいます。
高度5000メートル以上で、雲の中でも1番高い位置にできます。
秋の空は空気が乾燥していて澄んでいるので、高い位置までも見渡せるのです。

「天高く馬肥ゆる秋」とは、空気が澄み、空も高く感じられ、馬が肥えるような収穫の季節、秋の素晴らしさを意味する諺ですね。
ちなみに昔は尾瀬にも馬が山小屋の荷物を運ぶために歩いていました。
さて、ここでお知らせです。

【あの人に学ぶ尾瀬】元馬方(馬を使って荷物を運ぶ仕事)で、尾瀬に関わる仕事を60年以上続けている松浦和男さんのお話を聞くチャンスです。是非、ご参加下さい。

最後に
「入館者数4万人達成イベント」に向けて
昨日までの入館者数は38,154人です。

担当:大澤



< 前ページに戻る
PAGE TOP