尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2018年9月12日-山の鼻ビジターセンターより(特別な一日)

■ 天気:曇り
■ 気温:16.1℃(最高気温) 7.8℃(最低気温)
皆さん、こんにちは。
今日は最高気温が16.1℃のひんやりとした一日でした。
そんな中、尾瀬ヶ原の巡回を行いましたので
その様子をお伝えします。

ヤマドリゼンマイの群落。
色づきが進み、ヨッピ吊り橋~竜宮間で
茶褐色の帯が広がっていました。

草紅葉が美しい尾瀬ヶ原。
湿原全体が色づいて
吹く風は秋の色に染まっている様でした。
日々を重ねる度に植物はその表情を変えます。
何気なく思えるけれど、今日見た景色も
今日だけの特別な景色と言えるのではないでしょうか。

池塘を覗いていたらなんと、虹!
慌てて空を見上げたら
まるく大きな光の輪の様なものが見えました。
これは、「ハロ・日暈(ひがさ)」といい
雲の中にある光の粒に太陽の光が屈折してできる
現象だといいます。
一般的にお天気が下り坂になるサインだそうです。

そして今日、9月12日は植物研究見本園入り口に
ある十二山神様の日でした。
写真は果物や魚をお供えしている様子です。
尾瀬の自然に感謝し、登山者の方々の安全を祈念しました。
今シーズンもあとわずか、残りの期間も
訪れるハイカーの皆さんが楽しく怪我なく
尾瀬での時間を過ごせますように。

尾瀬は写真や言葉では伝えきれない
景色と空気で満ちています。
心を豊かにしてくれる尾瀬の風を感じに
是非、訪れてみて下さい。

尚、現在の尾瀬ヶ原は日中でも肌寒さを感じる日があります。
急な天候の変化もありますので、雨具・防寒着の
準備をしてお出掛け下さい。

担当:柴﨑



< 前ページに戻る
PAGE TOP