尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2018年6月14日-尾瀬沼ビジターセンター(視線をあげると…)

■天気:晴れ
■気温:12.1℃(9時)14.1℃(昨日の最高気温)1.9℃(今日の最低気温)

ブログをご覧の皆様こんにちは。
今朝の尾瀬沼は快晴で、久しぶりに冷え込んで
寒い朝でした。
冷え込むと、空気が澄み星空が一段と綺麗に
見えます。

【燧ケ岳と星空】

尾瀬では、足下に咲く可憐な花を見ることが多いですが、
少し視線をあげると木々も様々な花を咲かせています。

【オオカメノキ】

アジサイに似た白い花をつけ、赤い実(黒い実のこともある)
をつけるオオカメノキが代表的です。

【ムラサキヤシオ】

別名ミヤマツツジとも呼ばれ、峠道などでひときわ目を引く赤紫色
の花です。花が咲くときは葉はたたまれた状態なので花が目立ちます。

【ナナカマド】

秋になると紅葉して実も葉も赤く染まるナナカマド。
この時期に白い花を咲かせています。

【オガラバナ】

カエデの仲間。ローソクカエデとも呼ばれるように花の穂が
ローソクのように立ち上がり、地味な花色でも遠くからよく見えます。

このページの花の写真はすべて見晴から白砂峠にかけて撮影したものです。
この時期だけの尾瀬の木々の花を、いつもより少し視線をあげて
ご覧になりにいらっしゃいませんか。

担当:加藤



< 前ページに戻る
PAGE TOP