尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2018年6月13日ー山の鼻ビジターセンターより(なかなか会えないササの花)

■ 天気:曇り
■ 気温:17.4℃(最高気温) 9.8℃(最低気温)

こんにちは。
今日は植物研究見本園の様子と山の鼻ビジターセンター前に咲いたチシマザサ
について、お伝えします。

一日肌寒く曇りがちのお天気でしたが時折、青空が望めました。

スゲたちはぐんぐん伸びて丈を高くしています。

このミズバショウの個体は斑入りになるのでしょうか。今後も観察していきたいです。

山の鼻ビジターセンターの前ではチシマザサの開花が見られました。
うっかりすると通り過ぎてしまうくらいのあまり目立たないお花です。
ササの開花周期は約60年に一度といわれています。
そして花を咲かせるとササは枯れてしまうため、珍しい自然現象でもあります。
今回、ササの花をはじめて見ることが出来、とても嬉しかったのですが
このササたちは枯れてしまうのだと思うと寂しくもありました。

今だけ見られるササの花、尾瀬にお越しの際は是非ご覧になって下さい。

担当:柴崎



< 前ページに戻る
PAGE TOP