尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2018年6月12日-山の鼻ビジターセンターより(成長と雨)

■ 天気:晴れのち曇り
■ 気温:22.8℃(最高気温) 13.1℃(最低気温)

台風5号の影響は尾瀬ではなかったものの、
本日は午後になってから雨が降り、雷が鳴り、
竜巻注意報が発令されるという目まぐるしいお天気でした。

しかし、朝の研究見本園は清々しいお天気で
気持ちの良い青空が雲の間からのぞいていました。

イワツバメは雨で湿った泥を一生懸命集めています。

研究見本園に生まれたヤマアカガエルのおたまじゃくしは
最近、目がはっきりとわかるようになりました。
お腹にはうっすら模様も見れます。
四肢が生えてくるのも、もう少し、というところです。

ミズバショウは見ごろを終え、
葉っぱを大きく成長させています。
よく、お化けミズバショウだ!と言われることがありますが、
この姿は来年に向けて準備をしているところで、
葉っぱを大きくしてたくさん光合成をおこえるようにしているところなんです。

動物や植物は、雨水に影響を受けます。
最近まとまった雨が少ないせいか、ところどころ泥炭が
ひび割れているところがありました。
梅雨は散策するのには少し気がめいってしまうこともありますが、
植物や動物たちには恵の雨となります。
雨水に濡れるといきいきする植物、動物に会いに来てみてください。

また、本日のように天気が急変することもあります。
雨具、そして熱中症対策をお持ちになって入山してください。

担当:萩原



< 前ページに戻る
PAGE TOP