尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2018年6月10日-尾瀬沼ビジターセンターより(朝霧に咲く花:大江湿原にて)

■天気:くもり
■気温:13.8℃(9時)20.6℃(昨日の最高気温)11.5℃(今日の最低気温)

ブログをご覧の皆様こんにちは。
今朝の尾瀬沼は、霧に覆われていました。大江湿原にて、霧の中に咲いていた花を紹介します。

【ミツガシワ】湿原を代表する花の一つ、ミツガシワが咲きました。シカの食害などで数が減っているそうですが、これから湿原を彩ってくれることと思います。

【ハクサンチドリ】名前の由来は、千鳥の飛ぶ姿に似ていることからつけられたそうです。

【エゾムラサキ】植物学者の武田久吉氏が、北海道以外で初めて尾瀬で見つけたと言われています。

尾瀬沼周辺ではミズバショウの見頃が過ぎ、様々な春の花が見られるようになりました。

担当:渡邉



< 前ページに戻る
PAGE TOP