尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2018年6月1日-尾瀬沼ビジターセンターより(大きな芽生え)

天気:小雨のち曇り
気温:7.2℃(9時)14.4℃(昨日の最高気温)5.9℃(今日の最低気温)

最近、何人かの入山者の方から、「これはなんですか」とか、「ロケットみないなやつはなんですか」と聞かれました。

さてこれは何でしょうか?

目立つ花や実がついているとわかりやすいですが、芽生えの段階だと花の図鑑に載っていないものも多いです。
この植物は、少したつと葉が開き、グングン伸び出します。

このあと、7月上旬には高さ1mにもなり、白い大きな花を咲かせます。

正解は、「コバイケイソウ」です。

アルカロイドという毒を含んでいるためか、シカも見向きもせず食害にもあうこともほとんどありません。
ミズバショウと似たような環境に育ち、大清水湿原などでは数年前までミズバショウが多かったのですが、今はミズバショウが減りコバイケイソウが群落となっています。

花を咲かせたら、またブログにアップします。

担当:中馬



< 前ページに戻る
PAGE TOP