尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2018年5月25日-尾瀬沼ビジターセンターより(尾瀬沼周辺の登山道の状況)

■天気:晴れ
■気温:14.5℃(9時)13.6℃(昨日の最高気温)1.3℃(今日の最低気温)

昨晩は雲ひとつない夜空で月や星がよく見えました。
そのため放射冷却現象で今朝は1.3度まで冷え込みましたが、気温はすでに14度を超えました。

雪解けは徐々に進んでいますが、尾瀬沼周辺では通行に気をつけなければならないところが2箇所あり注意看板が出ています。

【尾瀬沼南岸歩道】

雪道に慣れなていない方では足を滑らせ沼に落ちる恐れがあり大変危険です。
尾瀬沼北岸はほとんど雪もなくミズバショウも見頃ですので、尾瀬沼北岸の通行をお勧めします。

【燧ケ岳ナデッ窪登山道】

沼尻から燧ヶ岳山頂間のナデッ窪登山道は残雪期は沢沿いの雪渓を踏み抜き滑落する恐れがあり大変危険で、登山道の管理者もいないことから整備されていません。
そのため尾瀬沼地区運営協議会では残雪期の通行自粛を呼び掛けております。燧ケ岳への登山道は、見晴新道、長英新道、御池からの登山道がありますので、残雪状況を確認し安全に登山をお楽しみください。

担当:中馬



< 前ページに戻る
PAGE TOP