尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2017年10月26日-尾瀬沼ビジターセンターより(大江湿原の様子)

■天気:快晴
■気温:10℃(9時)8.9℃(昨日の最高気温)-1.0℃(今日の最低気温)

ブログをご覧の皆様こんにちは。
本日もブログを担当させて頂きます宮坂です。

今朝の大江湿原から撮影した燧ケ岳です。
久しぶりに晴れて、とても清々しい気分ですね。
燧ケ岳への登頂も気持ちが良いことでしょう。

大江湿原の入口から撮影しました。
昨日とはガラッと音風景が変化し、今日の沢音はささやくように小さな音でした。
一方で今日の主役は葦原の葉擦れ音です。
さわやかな微風に揺られ、カサカサとこの時期特有の乾いた音色で湿原内を彩っています。
自然音とは毎日同じようで、まったく異なるところが魅力でもあります。
皆さんもぜひ音風景を楽しんでみてください。

ビジターセンターの入口にあるカラマツが良い感じに紅葉してきましたので、
燧ケ岳をバックに撮影してみました。

尾瀬沼地区のカラマツの紅葉をいくつか撮影してみました。
綺麗に色づいてますね。

さて、ここにいられるのも残りあと7日ほどとなりました。
5月に入山した時は、厳冬期かと見間違うほどの残雪があり、
面食らった記憶が色濃く残っていますが、
春、夏、秋のスリーシーズンしっかり尾瀬と向き合う事が出来感謝しています。
自然の移ろい方というのは、短期間で劇的に変化するのではなく、
ゆっくりと、でも着実に変化していくのだなということを
改めて再確認できました。

まるで絵画の中に身を置いているような気分になれる、
美しい尾瀬の自然を満喫できるのもあとわずかです。

皆さんぜひ尾瀬に遊びにいらしてください。

担当:宮坂



< 前ページに戻る
PAGE TOP