尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2017年10月24日-尾瀬沼ビジターセンターより(尾瀬沼に冬の訪れが…)

■天気:晴天
■気温:3.3℃(9時)13.2℃(昨日の最高気温)1.1℃(今日の最低気温)

先日の台風通過後は雪が降りました。すぐに止むと思ったのですが中々止まず、
今朝は雪が積もっていました。

【三本カラマツと積雪の燧ケ岳】

長く残るような雪の量ではないですが、気温が上がらないため凍結の恐れがあります。
木道も大変滑りやすくなっています。また、樹木に積もった雪が溶けて落ちてくる可能性も
ありますので歩く際は細心の注意を払ってください。

さて、そんな冬の訪れを感じる尾瀬ですが冬でも生き物たちは尾瀬で暮らしています。
本日はそんな尾瀬の生き物の様子を少し紹介させて頂きます。

木道上ではある生きもののフィールドサインを発見しました。左側は人間の足跡ですが
右側の小さい足跡はどうやら何かの動物の足跡のようです。どの動物でしょうか…?

実はこちらキツネの足跡です。縦長の形と四つの足指が特徴的です。
他にもテンやウサギ等の足跡がありました。雪が降った後はこのような
フィールドサインが見つけやすくなります。

尾瀬沼ではマガモの雄の換羽が始まっていました。頭部をよくみると
うっすら緑色になってきています。

これから雌に求愛するため皆さんご存知の緑色の毛になります。
綺麗な色に換羽するのが楽しみです。

尾瀬沼ビジターセンターの営業も残すところ一週間を切りました。
各施設の営業も終了してきている場所がありますのでこれから尾瀬に
お越しになる方は必ずご確認の上お越しください。

担当:佐野



< 前ページに戻る
PAGE TOP