尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2017年10月18日-尾瀬沼ビジターセンターより(今シーズン最後の大清水巡回の様子)

■天気:晴れのち曇り
■気温:10.5℃(9時)12.9℃(昨日の最高気温)1.9℃(今日の最低気温)

ブログをご覧の皆様こんにちは。

今日のブログは昨日行ってきた今シーズン最後の大清水巡回の模様をご紹介させて頂きます。

昨日は悪天候からの快晴という天気だったため、
鳥の活性がとても高く三平下から大清水休憩所までほとんど途切れることなく、
鳥の気配が賑やかでした。

その中でもアトリという冬に北方から渡ってくる鳥の大群が尾瀬にも飛来し、
いよいよ冬に向けてのカウントダウンが始まっているのだなということを感じとることができました。

尾瀬沼周辺はダケカンバの大半が落葉する一方で、
黄色く色づいたカラマツが日増しに増えてきています。
10月下旬のカラマツの紅葉のピークが楽しみです!

三平峠を越えて、十二曲りに差し掛かかり、
風に揺られて落葉するブナの葉っぱに包まれていると、
今年は新緑の芽吹きから落葉まで見届けることができたことに、
ちょっとした感動を覚えると同時に儚さも感じます。

十二曲りの下の方は、
まだ紅葉が綺麗に見られる場所で、たいへん趣きがありました。

一ノ瀬から大清水のエリアは、紅葉の見頃が読めないような雰囲気で、
落葉してる木々から、真っ赤や黄色に色付いてる木々がある一方で、
まだ緑色の葉の木々も多数見られます。

尾瀬沼から大清水までゆっくり歩いて、
標高の違いによる、紅葉の移ろいを感じながら、
今年の尾瀬を振り返るのも楽しいと思います。

担当:宮坂



< 前ページに戻る
PAGE TOP