尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2017年10月4日―尾瀬沼ビジターセンターより(クマ棚がありました)

■天気:曇り
■気温:6.5℃(9時)17.4℃(昨日の最高気温)4.3℃(今日の最低気温)

ブログをご覧の皆様こんにちは。
今日は風が吹いて外を歩いていると手が冷たくなってきます。

【大江湿原の三本カラマツ】

大江湿原の三本カラマツも少し黄色くなってきました。

【尾瀬沼の水鳥】

尾瀬沼でもたくさんの水鳥たちが水に浮かんでいました。

さて、昨日ですが三平下から大清水まで巡回に行ってきました。
そこでクマ棚を見つけました。
一ノ瀬と大清水の真ん中ぐらいのところです。

【クマ棚】

普段は通り過ぎてしまいますが
注意してミズナラやブナなどの木を見ていると発見できます。
クマ棚は、ツキノワグマがブナやドングリの木に登って
エサを食べるために枝を折った跡です。
樹上で枝を折ってはたぐりよせて食べるために
折れた枝の塊が座布団のように棚状にできます。

最近、クマが人里へ下りてきて問題になっています。
そこで暮らす人々との衝突も起きています。

本来クマは
ここのように自然の豊かな場所にいるべきなんだなぁと思います。
クマ棚がたくさんある環境であれば
そこでドングリを食べて満足して
人里には下りてきません。

野生のクマと、いかに接し、共に生きてゆくのか。
これからの課題ですね。

担当:西川



< 前ページに戻る
PAGE TOP