尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2017年9月17日-山の鼻ビジターセンターより(紅葉を見に行こうよう)

■ 天気:曇り時々雨
■ 気温:15.6℃(最高気温) 10.7℃(最低気温)

本日は尾瀬ヶ原巡回に行って来ましたので、その様子をお伝えします。

台風が近づいていることもあり、雨の予報でしたが、
ほとんど雨が降らず、心地よい風を受けながらの巡回となりました。

やはり、今からの見ごろは湿原を彩る紅葉です。

湿原がだんだんと秋色に染まってきました。


ヤマドリゼンマイの黄葉が見ごろを迎えており、
竜宮~ヨッピ吊り橋間では色のコントラストが非常に美しいです。


一際赤色で目立つのがヤマウルシです。
大変きれいで目立つのですが、ウルシの仲間でかぶれることもあるので、
お気を付けください。


ウワミズザクラも赤色の葉が非常に綺麗で、木の実も熟してきました。

ほかにも紅葉だけでなく、秋のお花が見ごろを迎えています。


エゾリンドウの花が開いているものが湿原のあちこちで見られました。


拠水林の近くでは、タムラソウの群落が生育している箇所があります。
今年は数が多いらしく、まだしばらく見ることができます。

このまま霜が降りずに、台風の影響も大きく受けなければ、
今週から来週にかけて草紅葉は見ごろを迎えると思います。

秋が深まるにつれ、朝晩は冷え込むことも増えてきました。

雨具や防寒具を忘れずに、是非とも秋の尾瀬ヶ原に足を運んでみてはいかがでしょうか?

担当:山田



< 前ページに戻る
PAGE TOP