尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2017年9月9日―尾瀬沼ビジターセンターより(オオハンゴンソウ駆除作業)

■天気:晴れ
■気温:13.0℃(9時)15.8℃(昨日の最高気温)6.8℃(今日の最低気温)

ブログをご覧の皆様こんにちは。

    【今朝の尾瀬沼】
今日は快晴です。
朝から尾瀬沼には霧がたちこめて
幻想的な風景でした。

9月7日に小沢平で外来種である
オオハンゴンソウの駆除作業がありました。

    【作業前の打ち合わせ】
オオハンゴンソウは、明治中期に観賞用として導入
されましたが、繁殖力が強く日本各地に広まりました。
現在は特定外来生物に指定されています。

   【オオハンゴンソウ】
小沢平付近でも年々増えてきており
尾瀬への入山口があることから
尾瀬への侵入を防ぐ必要があります。
当日は、雨が降る中
草刈り機や鎌で刈り取ったりしました。

     【作業の様子】
でも、オオハンゴンソウは地下茎などで繁殖することができ
単純に刈り取るだけでは根絶は難しいです。
スコップなどで根ごと引き抜いたり
抜き取った根は焼却処分する必要があります。

    【根ごと引き抜く作業】
こういう状態になると大変です。
尾瀬への入山口には種落としのマットなどが置いてあります。
靴底をしっかり拭いて通るようにしてください。
ご協力よろしくお願いします。

また作業の終了間際、近くにクマの姿が見えました。
クマは木の実を食べるのに夢中で
こちらの様子を気にしながらも逃げようとしません。
今年は目撃情報も多くて注意が必要です。

最後に来館者達成イベントについて
昨日までの来館者数は41,808人です。
来館者達成イベントの45,000人まであと少しです。

担当:西川



< 前ページに戻る
PAGE TOP