尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2017年9月7日-山の鼻ビジターセンターより(ウメバチソウの観察)

■天候 雨のち曇り
■気温 18.0℃(最高気温) 14.4℃(最低気温)

今の尾瀬ヶ原で多く見られる花の1つにウメバチソウがあります。
ウメバチソウは咲いた直後には5本の雄しべが中央に集まっていますが、
1日に1本づつ外側に伸びていくため、雄しべを見れば
咲いてから日数が分かるカレンダーのような花だと言われます。
今回は個人的に数日に渡ってウメバチソウの観察を行いましたので、
その様子を紹介します。

1日目

まだ全ての雄しべが中央に集まっているウメバチソウを見つけ観察を始めました。

2日目

雄しべが1本外側に伸びています。

3日目

前日と同じ時間に観察に行ったのですが雄しべに変化は見られませんでした。
隣の蕾が開き始めています。

4日目

2本の雄しべが伸び、隣の花も完全に開きました。

5日目

4本目の雄しべが伸びています。

6日目

全ての雄しべが伸びきりました。

今回の観察では、ウメバチソウの雄しべは多少のズレはあっても
だいたい1日に1本づつ伸びているという結果になりました。

ウメバチソウに限らず、花の様子は日々少しずつ変わります。
泊まりで来られる時は、来た日に見た花を覚えておいて帰る直前にもう一度見ると
ちょっと変化した姿を見ることが出来るかもしれません。

担当:菅原



< 前ページに戻る
PAGE TOP