尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2017年9月5日-山の鼻ビジターセンターより(小さい花々)

■ 天気:曇りのち晴れ
■ 気温:22.8℃(最高気温) 6.8℃(最低気温)

本日は、山ノ鼻地区周辺で見られる小さい花をご紹介します。

アカバナ
花の大きさは、約1cmですが、薄いピンク色がとても可愛らしいです。
実は細長く、種子には多数の白い長い毛があります。

ミヤマトウバナ
花が塔のように高く連なるところから塔花の名が付いたそうです。
シソ科の植物は茎が四角形なので、やさしく触って確かめてみてください。

キツリフネ
森林内の沢沿いなどの湿ったところに多い一年草です。
釣り鐘状になっているので、少し下から見ると違った見え方がします。

花が小さいため、なんだろうと思ってもそのまま過ぎ去って
しまうことが多いですが、立ち止まって観察してみてはいかがでしょうか。

担当:森山



< 前ページに戻る
PAGE TOP