尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2017年8月17日―尾瀬沼ビジターセンターより(展示室にも秋の気配が・・・)

■天気:曇り
■気温:18.8℃(9時)21.1℃(昨日の最高気温)16.2℃(今日の最低気温)

ブログをご覧の皆様こんにちは。
今朝は久しぶりに青空も見えます。
大江湿原のコオニユリやコバギボウシ
オゼミズギクなども夜露に濡れてきれいでした。
   
    【大江湿原の様子】

さて、展示室ですが
秋に向けて少しずつ模様替えが始まっています。
   
    【スナップコーナー】  
これは熊沢田代の大きなスクリーン写真です。
この前に立って撮影すると
まるでそこにいるような写真が撮れます。

秋が近づいてきて
尾瀬にもキノコがたくさん見られるようになってきました。
そこで、今年も大きいタマゴタケの模型が登場しました。
   
    【タマゴタケ】  
タマゴタケは
白い卵のような形から
黄色い柄をもち
赤い傘が伸びてくるおもしろいキノコです。
派手な色合いで毒キノコに見えますが
美味しい食用になるキノコです。

でも、よく似たキノコにベニテングタケがあります。
こちらは、有毒でおう吐や下痢を起こします。
秋の尾瀬もいろいろと楽しめます。
図鑑を見ながら探して歩くと楽しさも倍増します。

担当:西川



< 前ページに戻る
PAGE TOP