尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2017年8月11日―尾瀬沼ビジターセンターより(浄化槽見学のミニツアーについて)

■天気:曇り
■気温:19.4℃(9時)24.5℃(昨日の最高気温)12.7℃(今日の最低気温)

ブログをご覧の皆様こんにちは。本日は8月11日という事で「山の日」となっております。お盆の時期と重なっていることもあり、尾瀬沼地区にも多くの方がご宿泊されています。

ご宿泊、もしくは早朝に尾瀬沼地区へご到着予定があるお客様にお知らせがございます。尾瀬沼ビジターセンターでは毎朝9時30分より尾瀬を感じるミニツアーを開催しています。
尾瀬に関する歴史や周辺の動植物などを、職員が実際にお客様と周辺を歩いて解説させて頂くツアーです。また、尾瀬の環境保全にスポットをあてたツアーもご要望の際は行っております。ご希望の方はお気軽に窓口にお問い合わせ下さい。

本日は夏休みの自由研究の課題で尾瀬の環境保全をテーマとしたお客様がいらっしゃいましたので、トイレの処理施設についてのバックヤードツアーを行いました。

最初に20分ほどのレクチャーを行い、実際の処理施設へ見学へ行きました。処理施設では施設管理のスタッフの協力の下、どのような流れで汚水が処理されているのかを説明させて頂きました。

【浄化槽での解説】

お客様には浄化槽内の排泄物を分解する、バクテリアという微生物に補助剤(エサ)をあげて頂く体験をして頂きました。

【浄化槽のバクテリアにエサをあげる様子】

【汚泥処理施設での解説】

お客様からは「尾瀬を違った視点で見ることができた」というお言葉をいただきました。

皆さんも尾瀬に訪れる際は、一歩ステップアップをして、このようなテーマで尾瀬を見てみるのも良いのではないでしょうか。

担当:佐野



< 前ページに戻る
PAGE TOP