尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2017年8月10日-山の鼻ビジターセンターより(モノクロ写真)

■ 天気:晴れ
■ 気温:30.0℃(最高気温) 10.7℃(最低気温)

カラー写真が普通になった今、あえて白黒(モノクロ)写真を撮ってみるのも面白いと思います(あるいはカラー撮影したものを白黒変換しても)。カラーでは見えなかったものが、モノクロ化することで見えてくることもあるようです。

日本の滝百選のひとつにも選ばれ、只見川が岩盤を3筋に渡って削り取ったところから三条の滝と命名されたとか(異説もあり)。落差100m、幅30mで直瀑では日本最大級。
三条の滝展望台から撮影

歩く人の利便性から敷設され始めた木道も、今日では湿原の保護という目的で維持整備が進められ、今では総延長65キロにも達し、尾瀬景観になくてはならない存在になっています。
日の出直後、レンズ位置を意識的に低くして撮影

日の出とともに尾瀬ヶ原を覆っていた朝霧がうごめき始め、そこに太陽光線が斜めに差し込んできました。まるで雪舟の「山水長巻」のようだと感動しながらシャッターを何枚も切りました。至仏山東面登山道の中間地点付近から撮影

モノクロ化することで、写真が持っている情報が整理され、伝えたいものが単純化され、また見る人の創造性の幅が広がりやすくなるのかも知れません。
時にはあえて白黒写真で尾瀬を撮影してみるのも面白いと思いませんか。

担当:入倉



< 前ページに戻る
PAGE TOP