尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2017年7月30日-山の鼻ビジターセンターより(尾瀬ヶ原の様子)

■ 天気:曇りときどき雨
■ 気温:25.0℃(最高気温) 15.9℃(最低気温)

尾瀬ヶ原ではニッコウキスゲの、花盛りはほぼ終わりを告げ
共に尾瀬ヶ原を鮮やかに彩っていた
カキツバタ、ヒオウギアヤメも実をつけ初めました。

現在はキンコウカが見頃を迎えています。

また、東電小屋~赤田代周辺では
オタカラコウが見られます。
花が穂状に咲き、ひとつの花が大きいのでとても目立ちます。

見晴周辺ではカキランが群生しているところがありました。
見晴~赤田代区間でも多く見ることができます。

他にも蕾をつけている植物を、多く見ました。
どんな花が咲くのか、とても楽しみです。
少し前の尾瀬ヶ原では、オレンジや紫の植物が多く目につきましたが
現在は黄色の花が多く見られ
花の移り変わりをとても早く感じました。

担当:榎原



< 前ページに戻る
PAGE TOP